新しいことをやるときは、必要以上の承認をとろうとしない! 元マクドナルドのCMOで、現在は「ポケモンGO」などの展開で知られるナイアンティックのシニアディレクターを務める、マーケティング(を含む経営再建)のプロ中のプロ、足立光さんが大切にしている、7つの価値観をご紹介します(本内容は、「〇〇マーケティング」という流行に左右されずにマーケティングの本質を理解するためのオンラインサロン『マーケリアルサロン』で月1回開催しているリアルイベント内容(2019年7月25日実施)のダイジェスト版です)。

足立 光(あだち・ひかる)
(株)ナイアンティック シニアディレクター プロダクトマーケティング(APAC)
P&Gジャパン(株)、シュワルツコフ ヘンケル(株)社長・会長、(株)ワールド執行役員などを経て、2015年から日本マクドナルド(株)にて上級執行役員・マーケティング本部長としてV字回復をけん引。18年9月より現職。(株)I-neの社外取締役、(株)ローランド・ベルガーやスマートニュース(株)のアドバイザーも兼任。著書に『圧倒的な成果を生み出す「劇薬」の仕事術』『「300億円」赤字だったマックを六本木のバーの店長がV字回復させた秘密』『世界的優良企業の実例に学ぶ「あなたの知らない」マーケティング大原則』。訳書に「P&Gウェイ」「マーケティング・ゲーム」など。オンラインサロン「無双塾」主催。

足立光と申します。よろしくお願いします。
「何を考えて生きて来たんですか?」とよく聞かれるので、「こんなこと考えて生きてきました。今もです」という話をしようと思います。

自己紹介を先にしますと、一般的に私は「マーケター」だと思われてますが、マーケティングという名のつくポジションにいたのはP&Gとマクドナルドと今だけで、あとのキャリアではずっと経営側として再建・再生をやってきました。マーケティング自体は11年強しかやってないので、「マーケターです」と言えるほどマーケティングのことを実は知らないのですが、「マーケティングに基づいたマネジメント」をやってきた、というのが正しいですかね。

いまいる会社は「ナイアンティック」という会社ですが、ご存じの方はいらっしゃいます?
(かなり手が挙がる)あ、けっこう意識高いですね(笑)。

「ナイアンティック」、割と知られていないんですよ。私が転職するとき、半分ぐらいの友人には「何の会社なの?」と聞かれました。提供しているのが「イングレス」「ポケモンGO」「ハリー・ポッター魔法同盟」といったスマホアプリなので、ゲーム会社と思われてますが、実はただのゲームの会社ではまったくなくて、ゲームの裏にあるAR(拡張現実)のプラットフォームを提供している会社です。「ただのゲームの会社ではない」と言ったのは理由があって、社是があるんです。「Adventure on foot with others」(ともに歩いて冒険に出よう)といいます。

そもそもこの会社は、運動不足の方が世界的に多いという社会の課題に対して、新しい技術とゲーム性をツールとして外に出て歩いてもらおう、という目的でできました。ですから、普通の家の中でずっと遊べるようなロールプレイングゲームなどが、発売されることはありません。

ナイアンティックでは、次の3つを実現できるように製品をデザインしているんです。

まず、「Exploration(Discover the world around us)」。自分の家のそばや、行った先々で新しい場所を訪れたり、発見したり、というような冒険をしてもらえるような要素が必ず入っています。次に「Exercise(Most of the time, a simple walk will do)」ですね。もともと、創業者の息子が部屋で毎日ゲームをやってるのを何とかさせたいと始まった会社なので、弊社のゲームは歩かないと進みません(笑)。歩くので、運動になりますよね。そして、最後に「Real World(In-person Interactions)Social」で、ヴァーチャルの中ではなく、実際の世界でのソーシャル、新しい人と出会ったり、仲間になったりできるようにデザインされてます。「ポケモンGO」で仲良くなって結婚した例などが実際にたくさんあるんですよ。なので、独身の方はぜひ出会い系アプリとしても使ってください(笑)。

ちなみに、この会場で独身の方は?
(かなり手が挙がる)こんなにいるんだ!冗談だったのに(笑)。

スポーツ庁がつくった「Sport in Life」というアプリの認証を日本で初めて受けたのが、ナイアンティックのゲームです。出会い系にも(笑)スポーツにもなるし、今すぐDLお願いします(笑)、というのが自己紹介でした。

ここからは、成果を出し続けるための「7つの価値観」をご紹介していきます。