テレワーク
Photo:PIXTA

 コロナウイルス感染防止のため、政府や東京都などが在宅勤務を要請している。

 しかし、実際の導入はまだそれほど進んでいない。

 在宅勤務の能率向上のためには、成果主義の導入や、会議文化からの脱却、さらには企業内の閉鎖情報システムからクラウド情報システムへの移行が必要だ。

在宅勤務が可能なら、
是非そうすべきだ

 コロナウイルスの感染を防ぐには、人と人との接触を避けることが重要だ。

 ところが、日本の大都市では、通勤のために満員電車に乗ることを余儀なくされる。

 これを避けるには、在宅勤務しかない。

 東京都の小池百合子知事は、3月25日、都庁での緊急会見で、平日は在宅勤務をするよう訴えた。

 もちろん、すべての仕事を在宅勤務に切り替えるわけにはいかない。

 しかし、オフィスワークのかなりは在宅でできるのではないか。