クラウドのイメージ
写真はイメージです Photo:PIXTA

 新型コロナウイルス問題で緊急事態宣言が発令され、都市部のビジネスマンを中心に在宅勤務への切り替えは急務だが、安易に進めれば、取り返しのつかない事態になる危険がある。

 不正に社内ネットワークに侵入されるなどのリスクが高く、これまでのようにVPN経由で社内ネットに接続する方法は危険だと、米当局が警告している。

 対策の1つとして、データをクラウドに保存する必要がある。これは、中小零細企業でも、すぐに導入できる。

在宅勤務でネットを通じ、
社内ネットワークに接続する「危険」

 まず、どのような仕組みでこれを行なうのかを説明しよう