資本業務提携の会見にて。トヨタの豊田章男社長(左)と日本電信電話の澤田純社長
資本業務提携の会見にて。トヨタの豊田章男社長(左)と日本電信電話の澤田純社長 Photo:TOYOTA

資本提携、新会社設立、新サービス促進…
3月末~4月上旬に重大発表相次ぐ

 ここへきて、トヨタの次世代事業が一気に動き出した。

 新型コロナウイルス感染拡大の社会への影響が深刻化した今年3月から、4月7日の緊急事態宣言発令までの間、トヨタは将来の事業に関する重大な発表を相次いで行った。以下、その一部を箇条書きとする。

・3月24日:NTTとの業務資本提携
・4月1日:ブランド刷新とともにデジタル領域を軸に中古車事業を強化
・4月1日:部品共販店33社とタクティー統合で、トヨタモビリティパーツ新設
・4月6日:キャッシュレス決済アプリ「TOYOTA Wallet」をiOSに次ぎAndroid OS対応

 これらに共通しているのは、自動車流通・販売の変革だ。

 トヨタは2020年5月から、全国で全販売店全車種併売化を始める。報道では、一部地域ではひと足早く4月から実施されているという。