4月10日、自動車工業4団体が緊急の合同会見を行った
自動車工業4団体トップが緊急の合同会見を行った Photo:TOYOTA

自動車工業4団体が
緊急の合同会見

 4月10日、自動車工業4団体が緊急の合同会見を行った。

 日本自動車工業会(豊田章男会長)・日本自動車部品工業会(岡野教忠会長)・日本自動車車体工業会(木村昌平会長)・日本自動車機械器具工業会(辻修理事長)の自動車製造関連4団体のトップによる合同会見という異例のもので、時節柄、ウェブ中継という形になった。

 会見の趣旨はいうまでもない。新型コロナウイルス禍への対応である。

 感染拡大が止まらない状況下で、日本がこの危機を乗り越えていくために自動車業界はどのような貢献ができるか、また世界で自動車の生産休止が続く中で、関連企業の資金繰りや雇用対応にいかに対応すべきか、との問題について説明した。

 この会見で、豊田章男自工会会長は「経済は危機的な状況にあり、世界各地での生産休止で自動車関連業界の足元の状況は本当に苦しくなっている」との認識を示した。そして、「人材や技術の流出を防ぎ、雇用を守っていく」と発言し、資金繰り懸念に直面する中小部品企業などに対しては、自動車4団体が共同ファンドを立ち上げて資金を提供することを表明した。