文芸春秋に入社して2018年に退社するまで40年間。『週刊文春』『文芸春秋』編集長を務め、週刊誌報道の一線に身を置いてきた筆者が語る「あの事件の舞台裏」。1998年に起きた通称・和歌山カレー事件の現場でも、スクープを連発したのは女性記者たちだった。(元週刊文春編集長、岐阜女子大学副学長 木俣正剛)

『噂の真相』からも一目置かれた
“文春四天王”の女性記者たち

厳しい報道合戦となった和歌山カレー事件。文春の女性記者たちはすさまじい取材能力を発揮した。写真は現場検証を前に報道陣に公開された夏祭り会場の再現現場
厳しい報道合戦となった和歌山カレー事件。文春の女性記者たちはすさまじい取材能力を発揮した。写真は現場検証を前に報道陣に公開された夏祭り会場の再現現場 Photo:JIJI

 当時の週刊誌業界には、厳しいチェック機能が存在しました。『噂の真相』という雑誌です。報道の信憑性はともかく、毎号、雑誌誌面や編集者の個人的所業まで書くのですから、やはり、自分に厳しくするしかありません。

 そんな『噂の真相』に褒められていたのが“文春四天王”。大活躍の女性記者4人のことを、こう呼んだのです。

 四天王の1人は前回書いた少年Aの森下。次は金子かおり記者です。

 1998年、和歌山市で発生した大量殺人事件、通称・和歌山カレー事件は、男性の独壇場と思われていた事件現場で、女性記者たちがすさまじい取材能力を発揮した事件でした。

 事件発生直後からメディアの注目を浴び、マスコミ陣が取り囲んでいた林真須美(現在は死刑囚)の家に1人で乗り込んだのが、文春の金子かおり記者でした。どんな取材でも手土産を持参することを習慣にしている彼女は、子どもたちへの手土産として「花火セット」を持っていったそうです。家に招き入れられた彼女に、林は、「花火ありがとう。あなたはいい人そうだから、缶コーヒーあげるわ」。

 ただし、「青酸が入ってるかもしれへんで」。当時の報道では大量殺人に使用されカレーの毒は、青酸とされていました。

 コーヒーを飲まないわけにはいきません。一気に飲み干したそうです。

 あとになって、青酸ではなくヒ素と判明するのですが、ヒ素だということをスクープしたのも、金子記者でした。金子記者は記者に見えない雰囲気が持ち味で、誰からも心を許される特技の持ち主です。林葉直子さんと中原誠永世名人の不倫記事は、彼女と林葉さんの長い友情から生まれたものでした。裁判闘争にもなったジャニーズ批判キャンペーン(文春が勝訴)も金子記者の不思議な人脈が発端。菅直人と女性キャスターの不倫記事も彼女の人脈から出てきました。

 さて、カレー事件です。報道が本格化したころ、少年Aの独占手記を取った森下香枝記者を中心としたチームを和歌山に投入しました。チームは基本3人。森下記者と、若い女性記者(四天王の1人Wさん、一応社員記者は名前を伏せます)+若い男性記者。

 彼女たちがヒ素を飲まされた被害者たちを次々見つけ、新聞やテレビに先駆けて、独占インタビューに成功しました。