☆たった2ヵ月で、体重12kg、ウエスト13cm、太もも10cm減!(47)
☆13kg減で同僚の“扱い”が劇変!“美魔女コンテスト”ファイナリストに!(54)
☆食事制限なしで12kgダイエットにラクラク成功したパティシエ(55)
☆歩き方を変えただけで、なんで、私が、“美魔女コンテスト”グランプリ!?(43)
☆座り仕事でも、お尻が1個分上がった、元ナンバーワンホステス(36)
☆遺伝とあきらめていた「О脚劇的改善」であこがれのモデルに!(31)
☆80代でもウエスト7cm減!(80)
30代~80代まで、アンビリーバブルな劇的変化を可能にしたのが「やせる3拍子ウォーク」という新メソッド。
開発者は、ウォーキングスペシャリストとして6万人を指導してきた山口マユウ氏だ。
やり方は極めてシンプル!
3歩目の歩幅を広げるだけ!
しかも、ムリな食事制限は一切なし!
家で・テレビを見ながら・通勤通学・仕事中にできるという「3拍子ウォーク」。
はたして、本当なのか?
女優やモデルだけでなく、一般人を数々のコンテストの「グランプリ」や「ファイナリスト」に育成する手腕が今、注目されるマユウ氏。
その大人気講座を一冊に凝縮した、初の著書『医者が絶賛する歩き方 やせる3拍子ウォーク』が、発売たちまち話題となり、アマゾン総合16位(ダイエットエクササイズ部門第1位)となった。アマゾン、楽天などでも依然完売状態が続いている。本連載も累計50万PV(ページビュー)を突破した。
“コロナショック”で家に閉じこもりがちな人も、さすがに「下腹」が気になってきたかもしれない。
6万人を変えたマユウ氏に、やせるだけでなく、人生を変えた受講生を紹介してもらおう。
(構成・寺田庸二)

Photo: Adobe Stock

龍(りゅう)さやなさん(54)

体重:54kg→52kg(2kgダウン)
身長:163cm→165cm(2cmアップ)
ウエスト:69cm→66cm(3cmダウン)
太もも:53cm→50cm(3cmダウン)
変化期間:1ヵ月(ただし身長は1年)

龍さんはよく食べる!

山口マユウ
山口マユウ(やまぐち・まゆう)
ウォーキングスペシャリスト/一般社団法人 日本DF WALK 協会代表理事/テレビ通販の完売女王
1969年、和歌山県生まれ。「90歳になってもハイヒールの履ける(ゴルフができる)人生を」をモットーに、これまで6万人以上を指導。タン・タン・ターン♪と3歩目だけ手の人さし指1本分(約8cm)、歩幅を広げるだけで楽しく続く「やせる3拍子ウォーク」が「再現性と即効性がある」と受講生に大人気。モデル・女優・各種企業・学校・行政からの信頼も厚く、社員研修、講演も高いリピート率を誇る。一般社団法人 日本DF WALK協会を立ち上げ、日本と中国で認定ウォーキングインストラクターを育成。女優やモデルだけでなく一般の人たちを数々のコンテストのグランプリやファイナリストに育成する手腕が注目を集めている。2011年、自らも第4回『ミセス日本グランプリ』40代グランプリ。「ビビノバスリムサポートインソール」をプロデュースし、ディノス通販売れ筋ランキング「バッグ・靴・アクセサリー部門」第1位、テレビ通販QVCジャパン売れ筋ランキング「健康・ダイエット部門」第2位。QVCジャパンでは、出演するたびに完売が続いている。メディア出演多数。本書が初の著書。【一般社団法人 日本DF WALK 協会HP】

私が住んでいる関西では緊急事態宣言が解除され、徐々に街中に人が戻ってきました。

龍さんが初めて教室にいらしたのは、
今から10年近く前のこと。

美しくてファッショナブルで、
一度も同じ服を着ているところを
見たことがありません。

しかも美のために生きていて、
美のためには惜しまず時間と労力を費やします。

しかも毎晩よく食べる姿には驚きました。

お肉だと一食で最低300グラム!

私は80グラムでちょうどいいので、
これには驚きでした。

若い頃から美を追求されてきた龍さんに
私が教えることはあるのかと思いましたが、
重心の位置や足の出す位置、
手を振り込む位置まで、
龍さんは、
まるでオリンピック選手のように
こだわります。

すべては最高の美を得るために。
その最高の美を得るために
必要なことは筋トレである
とわかると、本書収録のエクササイズ、
「お尻上げ」や「ボウリングウォーク♪」の自主トレも行っていました。

タン・タン・アップ♪
タン・タン・シャキーン♪
タン・タン・パンチ♪は日常的。

特に、タン・タン・シャキーン♪と
タン・タン・パンチ♪、
クロス・クロス・ツイスト♪

ウエストを絞りあげていました。

どんなに美しい人でも悩みはある。
それは、美とは不確かなものだから。

そんな美のカリスマ的存在の龍さんが、
これから海外に数年行かれると聞き、
とてもさびしかったです。

でも海外から戻られ、再び連絡をくれたときには、
本当にうれしく、数年たっても変わらない美の龍さんに
美の話をうかがうのは毎回、心躍る瞬間です。

それでは、龍さんに話していただきましょう。