「どうやって美しさを保つ?」「50代で結婚できる?」「年老いた親をどうする?」「50代で仕事を失ったら」「大人であることのメリット」……など、大人の女性のリアルを綴ってフランスで大人気となったブログを元に生まれた書籍『大人が自分らしく生きるためにずっと知りたかったこと』が、6月3日に発売。化粧品とテクノロジーの進化により、母親世代よりもずっと若く美しくなった今の女性たちですが、アクティブに人生を楽しんでいるように見えて、「みんな言わないけど、本当はどうしてるの?」「これって私だけ?」と密かに気になっていることがたくさんあるはず。この連載では、誰も教えてくれないリアルな恋愛事情と、大人としてのお作法について、著者の体験をもとに紹介していきます。

Photo: Adobe Stock

50代女性と年下のパートナーの場合

前回の記事とは逆に、年下のパートナーは女性を本当に若くしてくれる。生活のリズム、服装、話し方、笑い方、黙り方、そしてベッド……。ベッドは二人を結んでくれる。セックスは情熱的で、肌はみずみずしく、筋肉の動きは敏捷……。でもこれが当たり前になった頃、事態は複雑になっていく。彼との社会生活は簡単ではないし、心はいつも休まらない。

彼の友人は彼同様に若く、彼らが連れてくるフィアンセはさらに若い。そこでしばらく経つと、友人たちとの付き合いが減ってくる。夫の両親とはもっと会わなくなる。

そんなとき大切なのは、自信を持つこと。そうすれば、たとえうまくいかない時期があっても、二人で生きる楽しみをきっと見つけられる。愛する人に去られるつらさを甘く見ないで。特に、自分が若くないせいだとしたら、心の痛みは耐え難いはずだから。

ところで私は「クーガー」(*ピューマの別名、一時期肉食系の大人の女性を指す言葉として流行した)という言葉が大嫌い。理由の一つは、arのつく単語――conard(ばか)とかsalopard(げす)とかcrevard(弱虫)――は、嫌な男たちを連想させるから。でも、何よりも「ミドルエイジでお金があって、ずっと年下の男性を愛人にする女性」を「クーガー女」と呼ぶ女性蔑視の風潮が許せない。だったらどうして、若い女性を愛人にするオジサンを「クーガー男」と呼ばないの? 「クーガー女」と言われる女性は、リスクを承知で責任を引き受ける、勇気あるヒロインなのに!

当然ながら、仲良くなって愛し合い、いい関係をずっと続けるには、パートナーが同世代であるのが理想的。どちらかが相手の付属品になるんじゃなく、二人がともに主役になれるから。でも、私たちと同世代で、しかもフリーの男性は、名札をつけて通りを走っているわけじゃなく、むしろ岩の下に隠れてる。50代独身女性にとっての問題は、釣り上げやすいのが、年下か、もしくは情熱に欠ける年上の男性になってしまうこと。

同世代の男性は、すでに他人に取られているか、さもなくばパートナーには適さない人が多い。
あまり言いたくはないけれど、私と同世代の男性には、元気のない人が多すぎ! 少しでも働きすぎたりケアを怠ったりすると、あっという間に”くたびれてみすぼらしく”なってしまう。彼らが恐れるのは、髪の毛がなくなることとお腹が出ること。お腹は髪の毛ほど目立たないけれど、むしろこちらのほうがぎょっとする。

男性と比べて、50代の女性はえてして容姿を若く保っていることが多い。これは、いろいろな手段を使って、年齢が刻んだ傷跡をうまく修復しているおかげ。一方男性は、男の沽券にかかわると思うのか、美容の分野には手を出したがらない。
もしも50代の女性が、同世代のフリーの男性に出会えたならば、とてもラッキー。さらに運がよければ、その彼は心に傷もなく新しい出会いを待っている。そして50代の男性は、何もできない男では困るし、背筋はぴんと伸びていて、仕事は高収入の専門職であることが必要。でも、そんな男性だったら、若くて見かけだけはかわいい女の子を連れて歩きたいと思うはずよね。ほら、そうなったでしょう?!

でも、辛抱して。彼は戻ってくる。きっと戻ってくるから。(このさき風の強いある日、彼は再び市場に現れる。経験して強くなり、破局して冷静になり、別の人生を歩もうとしている。分別を備え、都会の虚飾を捨て、かけひきのない優しい生活を望んでいるその彼を、別の女性がうまく釣り上げる。

それを待つ間、未熟な50代の若き女性は、大きな変化に向き合い、キャリアプランを大幅に修正しなくてはいけない。「彼」と出会うことによって得られるはずの新たなバランスについて、心を落ち着けて考えるために。

いかがでしたか。今回は女性が年上の場合の大人の恋愛について、エピソードの一部をご紹介しました。ミレーヌ・デクロー著・吉田良子訳の書籍『大人が自分らしく生きるためにずっと知りたかったこと』では、ほかにも著者や友人たちの実体験や、大人ならではのパートナー選びのコツについて、フランス人ならではのウィットに富んだ視点を、クスっと笑えるエピソードとともに多数紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!