☆たった2ヵ月で、体重12kg、ウエスト13cm、太もも10cm減!(47)
☆13kg減で同僚の“扱い”が劇変!“美魔女コンテスト”ファイナリストに!(54)
☆食事制限なしで12kgダイエットにラクラク成功したパティシエ(55)
☆歩き方を変えただけで、なんで、私が、“美魔女コンテスト””グランプリ!?(43)
☆座り仕事でも、お尻が1個分上がった、元ナンバーワンホステス(36)
☆遺伝とあきらめていた「О脚劇的改善」であこがれのモデルに!(31)
☆80代でもウエスト7cm減!(80)
30代~80代まで、アンビリーバブルな劇的変化を可能にしたのが「やせる3拍子ウォーク」という新メソッド。
開発者は、ウォーキングスペシャリストとしてこれまで6万人を指導した山口マユウ氏だ。
やり方は極めてシンプル!
3歩目の歩幅を広げるだけ!
しかも、ムリな食事制限は一切なし!
家で・テレビを見ながら・通勤通学・仕事中にできるという「3拍子ウォーク」。
はたして、本当なのか?
女優やモデルだけでなく、一般人を数々のコンテストのグランプリやファイナリストに育成する手腕が注目されるマユウ氏。
その大人気講座を一冊に凝縮した、初の著書『医者が絶賛する歩き方 やせる3拍子ウォーク』がアマゾン、楽天でも完売状況が続き、ついに重版となった。大手書店の実用書ランキングで1位となり、本連載も61万PV(ページビュー)を突破。「読売新聞」にも掲載され、「なるみ・岡村の過ぎるTV」(朝日放送テレビ)にも著者が出演した。
“コロナショック”で家に閉じこもりがちな人も、さすがに「下腹」が気になって仕方がないかもしれない。6万人を変えたマユウ氏にやせるコツ、姿勢をよくするコツを教えてもらおう。
(構成・寺田庸二)

Photo: Adobe Stock

お尻の筋肉ってすごく大切

山口マユウ
山口マユウ(やまぐち・まゆう)
ウォーキングスペシャリスト/一般社団法人 日本DF WALK 協会代表理事/テレビ通販の完売女王
1969年、和歌山県生まれ。「90歳になってもハイヒールの履ける(ゴルフができる)人生を」をモットーに、これまで6万人以上を指導。タン・タン・ターン♪と3歩目だけ手の人さし指1本分(約8cm)、歩幅を広げるだけで楽しく続く「やせる3拍子ウォーク」が「再現性と即効性がある」と受講生に大人気。モデル・女優・各種企業・学校・行政からの信頼も厚く、社員研修、講演も高いリピート率を誇る。一般社団法人 日本DF WALK協会を立ち上げ、日本と中国で認定ウォーキングインストラクターを育成。女優やモデルだけでなく一般の人たちを数々のコンテストのグランプリやファイナリストに育成する手腕が注目を集めている。2011年、自らも第4回『ミセス日本グランプリ』40代グランプリ。「ビビノバスリムサポートインソール」をプロデュースし、ディノス通販売れ筋ランキング「バッグ・靴・アクセサリー部門」第1位、テレビ通販QVCジャパン売れ筋ランキング「健康・ダイエット部門」第2位。QVCジャパンでは、出演するたびに完売が続いている。メディア出演多数。本書が初の著書。【一般社団法人 日本DF WALK 協会HP】

デスクワークのみなさんも、営業や接客業のみなさんも、共通の悩みは腰や肩・首の疲労感でしょう。そんな方に、今回は効果的なストレッチを紹介しましょう。

パソコンに向かいっぱなし、立ちっぱなしというのは辛いですよね。

私の仕事は、受講生のみなさんと一緒に体を動かせるので、いつも体が軽くて日々喜んでいるのが実感できます。

でも、今年の3~5月末までの3ヵ月間、新型コロナウイルスの影響ですべての仕事がなくなりました。起業して初めてのことです。

ウォーキング大会、商業施設や百貨店でのイベント、日本全国の講演、社員研修、自社のレッスンすべてがキャンセルになりました。

1日2本の講演を掛け持ち、多いときは一日6時間もやっていた自社レッスンがなくなったこの3ヵ月間は、ただパソコンに向かうことが多く、日頃食べないスナック菓子やインスタントラーメンに手を出し、さすがの私も2キロ太りました。
さらに、肩コリがひどく、腰の疲労感もピークになりました。
しかもひざや腕の関節に違和感を感じ、体中が悲鳴を上げていました。

それが6月に入り、自社スタジオでのレッスンが始まると、「気持ちいい~」と声に出るほど、身体が喜んでいます。

やはり体を動かすってこんなに大切なんだと実感した次第です。

さらに、私が感じたのは、お尻の筋肉の大切さです。