50代で後悔していること第3位「アイデンティティの喪失」

 3位は「アイデンティティの喪失」です。「○○銀行の大塚です」「◎◎商事で部長をしております大塚です」といった名刺や組織というバックボーンがなくなると、「自分にはこういう価値がある」と思えなくなってしまうのです。とくに、財閥系と呼ばれる企業や大手有名企業出身者に多く見られます。

 定年後に名刺を作り、裏に出身企業名や「元部長」などの肩書、はたまたご丁寧に出身大学・学部まで入れているシニアもいますが、これも「アイデンティティの喪失」を恐れた典型と言えるかもしれません。「会社の名刺がなくなっても消えないアイデンティティ」を確立できなかったという後悔も見え隠れします。

 もちろん、独立・創業して新しい仕事を始める場合は、名刺の裏に出身企業や出身校を入れるのは戦略的ですから、大いにやるべきだと思います。

50代で後悔していること第2位「モチベーションの低下」

 2位は「モチベーション」の低下です。「55歳の役職定年が射程圏内に入ったとたん、モチベーションが維持できなくなった」という後悔です。

 まず55歳の役職定年で年収がガクッと下がり、さらに60歳からの再雇用で新入社員並みか、時給1200円程度の待遇になる企業が多いのです。900万円から1200万円の人が300万円になるといった、「4分の1」「3分の1」あたりが、よくあるケースだと思います。特に、役職の高い人ほど年収の下げ幅が大きく、モチベーションが保てなくなるのです。

 また、年収だけでなく、役職定年になったとたんに上司が年下になったり、経験やキャリアをあまり生かせない部門に異動になるのも、モチベーションダウンの原因になっています。