50代で後悔していること第1位「定年後の人生設計」

「1万人インタビュー」における「50代を後悔している理由」の栄えある(?)第1位は、他でもない「定年後の『人生設計』をしておくべきだった」です。

「お金」や「人脈」、「やる気」も上位になりましたが、トップはこれでした。仕事に忙殺されて、それどころではなかった人も多いでしょうし、なんとなく漫然と過ごしているうちにいつの間にか60歳に、という人もいます。

 意外に多かったのは、「定年になったら、まずはゆっくり充電しながら、その先のことを考えよう」と思っていたタイプです。

 しかし、その充電中に「現役時代、せめて50歳から、定年後の『人生設計』をしておくべきだった」と後悔するというのです。役職定年や雇用延長が射程に入ってきた世代は、教訓にしたいものです。

「後悔ランキング」いかがでしたか?

 50代で何を始めておくべきか、何から始めればいいのか、たくさんあって気が重くなってしまった人もいるかもしれませんが、一つ一つ対策を講じる必要はありません。すべての根っこは「定年後の人生設計をしていなかった」ことにあります。逆に先々の設計をしておけば、多くの後悔は防止することができるのです。

 次回は、50歳になったときに何を意識して動くべきか、具体的に解説します。

>>記事はこちら