嵐は過ぎ去った

 記者会見が始まった冒頭、政府が高らかに宣言した。

「嵐は過ぎ去りました。日本政府は、災いを転じて福となし、いまや無借金の超優良政府となりました。あとは、嵐の残骸を整理するだけです」

「日本政府は円を買い支えるため、外貨準備のドルを売りました。1兆ドルを単価300円で売ったため、300兆円が手に入りました。その300兆円を使って額面の3割に暴落した日本国債を購入したため、額面おおよそ1000兆円分の国債を購入することができました。発行済みの国債は、すべて政府が買い戻すことができたのです」

 人々はあぜんとした。破産確定と思われていた日本政府が、今や無借金となって勝利宣言をしているではないか。暴落した所で円や国債を狼狽(ろうばい)売りした自分たちは何をしていたのだ。深い深いため息が日本中の投資家から聞こえてきた。

 ため息をつく余裕もなかったのが、空売りをした投機家であった。空売りをするということは、国債を借りてきて売ってしまう行為であるから、国債を購入して貸し手に返さなくてはならない。

 しかし今や、発行済み国債はすべて政府が持っているので、政府に頭を下げて言い値で買ってくるしかない。政府が法外な値段を提示しないことを祈るのみであった。

残骸の整理

 多くの投資家が損をした。投資は自己責任であるから、それ自体は問題ではない。しかし、何事にも例外はある。銀行である。

 銀行が倒産すると、経済に甚大な被害が及ぶ。倒産しないまでも自己資本が減ると自己資本比率規制により銀行が貸し渋りをせざるを得なくなるかもしれない。

 そこで政府は、銀行に公的資金を注入することにした。銀行に株券を印刷させて、それを政府が買い取ることにしたのだ。政府が銀行を支配するのはマズいということもあり、政府は株主ではあるが、株主総会では投票しないことにした。

 これにより、銀行の倒産も貸し渋りも防ぐことができ、日本経済は何事もなかったかのように翌日朝を迎えたのであった。メデタシ、メデタシ。

 この架空のストーリーは、以上である。なお、本稿は筆者の個人的な見解であり、筆者の属する組織等々とは関係が無い。