韓国文在寅大統領
支持率が7週連続で下落している韓国文在寅大統領 Photo:Pool/gettyimages

 世論調査機関のリアルメーターがテレビ局YTNの依頼で調査したところによると、文在寅大統領の国政遂行支持率が7月第2週に1.1%下落して48.7%となった。

 下落幅は大きくないとはいえ、5月第3週から7週連続の下落である。しかも今回の調査では進歩系野党の「正義党」を支持する層などの進歩陣営が下落を主導したという。これまでは文大統領の支持層は強固だったが、進歩系政権である文政権にとって心配材料だろう。

 支持率下落の要因も次々に増えている。

 先週の下落は、安熙正(アン・ヒジョン)前忠清南道知事の母親の葬儀に送った文大統領の弔花を巡る議論のためといわれている。安氏が随行秘書に対する性的暴行容疑で実刑を宣告され、服役中であるのに大統領名義で弔花を送ったことに対し批判が出たようである。正義党は、「こうした行動が被害者と韓国社会に『性的暴行にも負けない政界の連帯』と受け取られないか懸念される」として強い遺憾を示した。

 10日未明に遺体で発見された朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長のセクハラ疑惑についての影響は、今後出てくると思われる。

 これまでの文大統領への支持率の下落は、南北関係を破壊する北朝鮮の行動を招いた文政権の仲介政策の失敗や不動産政策の失敗、仁川国際空港の非正規職員を正規雇用化する政策が不公平なものであるという批判が原因だった。これらについて振り返ってみよう。