夏,京都,神社,御朱印
特別なパワーがみなぎる神社の鳥居

海外旅行ガイドブックの決定版『地球の歩き方』から、夏・京都の神社巡りの歩き方を紹介します。なかなか自由に遠出できない日々が続きますね。「ほっとしたい」「パワーが欲しい」「気分を変えたい」……そんなときは、おさんぽを兼ねて神社へ参拝に出かけませんか? 神社は、神様のパワーが満ちている場所。境内へ一歩足を踏み入れるだけで背筋がぴんと伸びるものです。神社に祀られているのは、恋愛の神様、金運の神様、健康や長寿の神様、学業成就の神様など、実にさまざま。自分の願いごとにぴったりの神様を目指してお参りし、感謝の気持ちを忘れずに一生懸命思いを伝えれば、きっと運が開けるはずです。そして、参拝をしたら、神様とご縁を結んだしるしにぜひ御朱印を頂きましょう。力強い墨書、鮮やかで個性豊かな印、ひとつとして同じものはない特別な記念になります。この記事では、多くの神社仏閣を擁する京都から、夏ならではの限定御朱印を授与している神社をご紹介します。(文/御朱印編集部 保理江ゆり 写真/村岡栄治、八大神社、宇治上神社、須賀神社・交通神社)

【八大神社(京都市左京区)】今にも踊り出しそう!夏限定の「彩り御朱印」

八大神社
縁結びの御利益で名高い八大神社

 こちらの神社には、夫婦神である素戔嗚尊(すさのおのみこと)と稲田姫命(いなだひめのみこと)、そしてその御子神である八王子命(はちおおじのみこと)、という仲のよい御祭神ファミリーが祀られています。この3柱にあやかろうと、恋愛成就や良縁を願って参拝に訪れる人があとを絶ちません。