「どうやって美しさを保つ?」「50代で結婚できる?」「年老いた親をどうする?」「50代で仕事を失ったら」「大人であることのメリット」……など、大人の女性のリアルを綴ってフランスで大人気となったブログを元に生まれた書籍『大人が自分らしく生きるためにずっと知りたかったこと』が、6月3日に発売。化粧品とテクノロジーの進化により、母親世代よりもずっと若く美しくなった今の女性たちですが、アクティブに人生を楽しんでいるように見えて、「みんな言わないけど、本当はどうしてるの?」「これって私だけ?」と密かに気になっていることがたくさんあるはず。この連載では、誰も教えてくれないリアルな恋愛事情と、大人としてのお作法について、著者の体験をもとに紹介していきます。

理想の相手は同世代

Photo: Adobe Stock

これまで見てきたように、年をとると同世代の男性を探し出すのは意外と難しい。

世代が同じというメリットは、黙っていても理解できること、同じ世界に所属していること、過去の事件に関して感情を共有できること。ピンク・フロイドのアルバム『原子心母』の中の一曲を一緒に歌えること。アンシャン・レジームを知っていて、同じ革命を生き抜いたこと。ボールを激しく打ち合い、コーナーにスマッシュを打ち込んで、ボールが一回バウンドしたら、もうそれで十分。再び打ち合おう。暗黙の了解という名のボールを。

これは健康面でも同じこと。同世代のカップルは、エネルギーのストックが同じなので、同じように疲れやすくなり、同じように体力が落ち、リウマチにかかり、歯が欠け、耳が遠くなり、記憶の壁が崩壊する予兆に見舞われる。だから、お互いに相手を気遣えるし、慎みのない言葉を使われても腹が立たない。たとえば脱毛症、前立腺、歯科インプラント……。違う世代の相手には、決して使ってはいけない言葉。

理想の男性は優しい人

「優しさ」が大流行で、「好ましい性格リスト」でも上位に挙がるこの時代、50代の若き女性にとっても、理想の男性は「優しい人」。かつては「弱さ」とみなされていた(男性方には覚えがあるはず)ものが、いまでは高貴な輝きを放つ。それでは、狙った相手がこの長所を備えているかどうかを確かめるには? ためらわずに、ただしこっそりと、彼の恋愛遍歴を調べよう。これまで付き合った女性たちとどんな別れ方をしているだろう?

人の意見を聞くと、最初の印象が変わることもある。ただし、忠告マニアや泥棒猫にはご用心。理想の男性が通りを歩いていたら、必ずそのそばを、ライバルたちが捕獲用の網を片手にうろついているものだから。