「どうやって美しさを保つ?」「50代で結婚できる?」「年老いた親をどうする?」「50代で仕事を失ったら」「大人であることのメリット」……など、大人の女性のリアルを綴ってフランスで大人気となったブログを元に生まれた書籍『大人が自分らしく生きるためにずっと知りたかったこと』が、6月3日に発売。化粧品とテクノロジーの進化により、母親世代よりもずっと若く美しくなった今の女性たちですが、アクティブに人生を楽しんでいるように見えて、「みんな言わないけど、本当はどうしてるの?」「これって私だけ?」と密かに気になっていることがたくさんあるはず。この連載では、誰も教えてくれないリアルな恋愛事情と、大人としてのお作法について、著者の体験をもとに紹介していきます。

理想の男性はトラブルを解決済み

Photo by Adobe Stock

50代の若き女性たちにとって理想である、同年代で、優しくて魅力的で、SNSをやっていない男性は、離婚している。それまでの人生は、過ぎたこと、体験したこと、消化されたこととして、地下室のどこかに片付けられている。ただし、裁判が長引いて、生活費の分担がまだ決まっていないのは最悪のケース。

彼は、同じ女性とずっと暮らしてきた。もしも別れがくる場合は、日々の疲れと妻の気難しさが原因になるだろうと考えていた。ところが、結婚生活に嫌気がさした妻は、ある日、出会ったばかりの男と家を出た。ひとたび驚きが去ると、彼は、自分も妻との生活にうんざりしていたことに気づいてほっとする。一番よくないのは、破綻した結婚が恨みを倍増させながら長引くことだから。

理想の男性は、元妻とはいまも”友人”として親しい

離婚にまつわる条件は、街角のビストロでおいしいワインを飲みながら、そこにあった紙ナプキンに、共同で雇った弁護士が提示した額を万年筆でサラサラと書きつけるだけ。長い争いと複雑な計算ほど下品なものはない。理想の男性は相手が誰でも争いを好まない。ましてや相手が別れた妻とあっては、争うどころか、計算もできないふりをする。

理想の男性には、もう子どもがいる。運がよければ、もう大きい。もっと運がよければ、独立している。でも、世話しなくてはいけない子どもがいたなら、それもラッキー。

なぜなら、第一に、理想の男性の子どもならば親に似て、優しくて賢くて魅力的で幸せでしっかりしているから。第二に、夏にデニムのショートパンツをはいて、麦わら帽子をかぶり、鼻にクリームをつけて、理想の男性と腕を組み、子どもたちを連れて歩いたら、きっとあなたの子どもだと思われるから。つまり、あなたが若く見られる!

理想の男性はどんな人......? 今回紹介した意外にも、理想の男性を見分けるポイントはまだまだあります。ミレーヌ・デクロー著・吉田良子訳の書籍『大人が自分らしく生きるためにずっと知りたかったこと』では、ほかにも著者や友人たちの実体験や、大人ならではのパートナー選びのコツについて、フランス人ならではのウィットに富んだ視点を、クスっと笑えるエピソードとともに多数紹介しています。