安倍首相
アベノミクス景気は「いざなみ景気」の戦後最長記録を更新していなかった Photo:123RF

2018年10月に「拡大」終了
景気ピークアウトで消費増税へ

 内閣府は30日、2012年12月から始まった景気拡大局面が18年10月に終わり、19年10月に消費増税をする前の18年11月から、景気後退局面入りしていたことを認定した。

 景気拡大期間は71ヵ月にとどまり、アベノミクス景気は「いざなみ景気」(2008年2月までの73ヵ月)の戦後最長記録を更新しなかったことになる。

 もともとエコノミストの間では、かなり以前から戦後最長の景気拡大を更新しなかったことはコンセンサスになっていた。

 それどころか、「戦後2番目」の景気拡大も怪しい。

 この日、内閣府の経済社会総合研究所が、経済・統計学者やエコノミストらでつくる「景気動向指数研究会」(座長 吉川洋・立正大学長)を開き、直近の景気の「山」を18年10月と認定した。