コロナ禍や自粛生活などの「環境の変化」により、多くの人が将来への不安を抱え、「大きなストレス」を感じています。
 ストレスを溜め込みすぎると、体調を崩したり、うつなどのメンタル疾患に陥ってしまいます。
 発売1ヶ月で10万部を突破した、樺沢紫苑氏による最新作ストレスフリー超大全』では、ストレスフリーに生きる方法を、「科学的なファクト」と「今すぐできるToDo」で紹介した。
「アドバイスを聞いてラクになった!」「今すべきことがわかった!」と、YouTubeでも大反響を集める樺沢氏。そのストレスフリーの本質に迫る――。

なぜ人には「好き嫌い」があるのか

もしあなたの周りから「嫌いな人」がいなくなったとしたら、人間関係がどれだけ楽になるでしょう。
ある調査によると、「嫌いな人がいるか?」という質問に、73%が「いる」と答えました。

職場、学校、趣味サークル、PTA、町内会。人がたくさん集まる場に参加したときに、そのメンバーの中に「好きな人」もいれば「嫌いな人」もいるのが普通です。全員を「好き」ということもありえないし、また全員を「嫌い」ということもないでしょう

人と初めて会ったとき、「この人、好き」「この人、嫌い」「この人、ちょっと苦手」と、まず相手の好き嫌いを瞬時に感じてしまうことはありませんか。

なぜ、私たちは、「好き嫌い」を判断してしまうのでしょうか。それは「好き嫌い」を、無意識に判断してしまう、脳の仕組みがあるからです。

脳には扁桃体と呼ばれる部分があります。これは、危険を察知して赤信号を出す部分です。何か出来事が起こったときに、マルかバツか、安全なのか危険なのか、ということを瞬時に判断します。危険な場合は脳の中で赤信号を出します。

たとえば、動物が自分の敵と遭遇した場合、瞬時に対応を取れるように信号を出します。脳と体全体に警戒信号を送り、身を守る準備をさせる司令塔が扁桃体です。

扁桃体はさまざまなものについて、瞬時に安全か危険かを判断しています。たとえば、林を歩いて、足下にヘビがいるのに気づきました。「わっ! ヘビだ」と叫ぶ前に、体がヘビを踏まないように避けているはずです。これは、扁桃体が「ヘビ=危険」という警報を出したために、一瞬で体が動いたのです。

扁桃体は、0.02秒という一瞬の速さで「安全 or 危険」を判断すると言われています。「じっくり考える」のではなく、瞬間的に、ほとんど条件反射的に「安全 or 危険」「好き or 嫌い」を判定しているのです。

ですから、人と会ったときに、自分に対して好ましい人なのか、あるいは嫌な人なのか、これまた瞬間的に扁桃体が判断します。

ようするに、「好き嫌い」のレッテルを脳が勝手に貼るわけです

その人の過去の経験から苦手な人の見た目や表情など、さまざまな特徴をとらえて、「嫌い」を判断します。

いったん、「嫌い」と判断してしまうと、今度は嫌いという偏見で相手を見てしまうので、余計にその相手の悪いところを探してしまって、さらに嫌いになってしまいます。嫌いな点がたくさん見えてきて、「本当に嫌い」になってしまうのです。

Photo: Adobe Stock

あなたの「嫌い」は見抜かれている

人間のコミュニケーションには、「言語的コミュニケーション」と「非言語的コミュニケーション」があります。言語と非言語とで、相異なるメッセージが発せられたとき、相手は非言語的メッセージを優先して受け取る傾向があることが、心理学の実験からわかっています。

つまり、あなたの嫌いな上司に「いつも、ご指導ありがとうございます」とヨイショしたところで、あなたの雰囲気や態度から、あなたの「嫌い」はまんまと見抜かれている、ということです。

人間は、好意に対して好意を返します。しかし、その逆も真なり。人間は、悪意に対して悪意を返す傾向があります。

「嫌い」という感情に対しては「嫌い」という感情を返します。つまり、あなたが上司を「嫌い」と思えば思うほど、上司は非言語的なサインを無意識に察知し、あなたに対する態度をより冷たい、あるいは厳しいものにしていくのです。

あなたが上司を嫌うほど、上司はあなたに厳しくなり、あなたへの風当たりも厳しくなってきます。それでは、仕事は楽しくないし、モチベーションも上がりません。あなたは、さらに上司が嫌いになり、上司もあなたを嫌いになり、人間関係は悪化して深刻な状態へと進行します。

「嫌い」の連鎖で、最悪の人間関係ができあがる。それが、うまくいかない人間関係の正体なのです。