ある女性は、付き合いで続けていた会社のランニングサークルをやめました。すると、週末にゆっくり過ごせるようになり、気持ちに余裕ができて職場でイライラすることが減ったといいます。

 すぐに生活スタイルを変えるのが難しいなら、深呼吸をして気持ちを整える習慣を持つことがおすすめです。初めに、息を長く吸ってお腹を引っ込めながら、息をできるだけ長く口から吐きます。頭の中にある「イヤなこと」を息と一緒に吐き出すイメージで行ってください。

 吐ききったあとは、鼻から息を吸い込みます。この時は、新鮮で素晴らしいエネルギーを吸い込むつもりで空気を取り入れます。何度か繰り返すうちに、頭の中からイヤなことが消え去っていきます。

 大切なのは「疲れているのが当たり前」「調子が悪い自分が普通」という考えを捨てることです。自分の体調を整え、元気に過ごすことは、自分を大切にすることにつながります。「今日も調子がいいな」と感じるたび、心にはプラスの感情が増えるのです。

 まだまだ続きそうなコロナ禍で自分とうまく付き合っていくためにも、今回紹介した習慣を意識してみてはいかがでしょうか。