生理用品ブランド「Nagi」が女性の支持を集めている 画像提供:株式会社BLAST

女性の健康問題をテクノロジーで解決するサービス・分野を「フェムテック」という。この「フェムテック」を基にした商品開発が今、盛り上がりを見せている。日本ではナプキン不要の生理用ショーツ「Nagi」が販売開始から1週間で2000枚を完売した。販売元のCEO・石井リナ氏にインタビューし、日本のフェムテックの現状を聞いた。(フリーライター 雪代すみれ)

2027年には5兆円規模!?
拡大するフェムテック市場

 「生理用ナプキンでかぶれてしまう」「立ち上がるときに経血が漏れないか気になる」「経血で汚れないか心配で着たい服を着られない」……。毎月約5日間の生理期間中は、痛みなどの体調不良だけでなく、さまざまな不自由が伴う。このような悩みを解決するプロダクトが注目を集め始めている。そのうちの一つが、株式会社BLASTが開発した生理中に1枚でも使える吸水ショーツ「Nagi」だ。

 吸水ショーツをはじめ、女性の健康問題を解決するサービスやプロダクトを展開するジャンルを「フェムテック」という。フェムテック市場および「Nagi」について、同社のCEO・石井リナ氏に話を伺った。


Photo:株式会社BLAST

石井リナ代表取締役

株式会社BLAST代表取締役。生理用品ブランド『Nagi』およびエンパワーメントメディア『BLAST』の運営を行う。2019年には、日本を代表するビジョンや才能を持った30歳未満の30人を表彰する「30 UNDER 30 JAPAN 2019」のインフルエンサー部門を受賞した。Nagi公式HP(https://nagi-jp.com/)