同じ会社においても、子供が家にいることから在宅を希望する人は多数いました。小1の子のために在宅を継続したいという社員や、中1の子や猫のために在宅を続けたいと必死に主張する社員、さまざまな理由がありました。子どもがいなくても、通勤時に感染し、同居する高齢のご家族やペットの猫へ移してしまうことを心配する声もありました。

 このように最近のコロナに関する産業医面談を通じてわかったことは、「新常態とは、人ぞれぞれ異なる」ということです。これを受け入れている人はコロナ禍でもメンタル不調になりにくいです。

 一方、“私”の新常態は“他人”も同じ、または“他人も理解してくれるはず”と思っている人は、コロナうつになってしまうリスクが強いというのが、産業医としての見解です。

納得できない出社命令が
ストレスに

 Bさんは、小学2年生の男の子を持つ40代のベテラン男性社員でした。緊急事態宣言中は家族全員在宅で過ごしました。日ごろ、お子さんと接する時間が少なかったため、在宅勤務の2カ月間は家族の絆を再確認し、家庭内ではストレスのない時間を過ごしたようでした。

 6月中旬になりBさんの会社でも出社が始まりましたが、部署・業種ごとに出社か在宅かが決められました。たまたまBさんの部署は出社することが求められましたが、このことが腑(ふ)に落ちず、在宅組の同僚をうらやんだり、自分を出社組にした上司をねたんだりする気持ちがあり、7月に産業医面談に来られました。

 面談では、在宅勤務の同僚たちの家族構成や家庭事情を引き合いにだし、子どもがいる自分こそが在宅となるべきだと主張するBさん。よくよく状況をきくと、コントロールのできない怒りやイライラのため、家族に怒鳴るようになってしまったことや、寝付けないことが増えてきているとのことでした。

 冷静になれば、上司の当て付けではないこと、ご家族は何も怒られるほどのことはしていないことはわかるようでした。Bさんには、しばらくカウンセリングに通うことをご提案しました。