“売り専”のゲイ風俗とゲイバーの元従業員にして、Twitterはフォロワー58万人(2020年8月現在)を超え、すでにコミックエッセイを2シリーズ3冊、エッセイ1作を刊行する人気作家・望月もちぎさん。初の小説『繋渡り』(KADOKAWA)も刊行した。
一方、Twitter『ゲイの精神科医Tomyのつ・ぶ・や・き♡』が絶大な支持を集め、最新刊『精神科医Tomyが教える 1秒で悩みが吹き飛ぶ言葉』(ダイヤモンド社)で悩める読者に“言葉の精神安定剤”を綴る精神科医Tomyさん。
Tomyさんが精神科医として患者さんの悩みに答える日々を送る一方、もちぎさんもゲイバー時代から悩み相談を受ける機会が頻繁にあった。また、Tomyさんは7年半交際したパートナーとの死別を経験し、もちぎさんは2度の自殺未遂を経験している。
そんな2人が考える「悩み」「不安」「孤独」、そして「死」とは? 難しい人生の問題に真っ正面から向き合い、とことん語り合った対談の模様を5回にわたっておおくりする。

みんな型にハマったアドバイスを欲しがっている

望月もちぎ
元ゲイ風俗とゲイバーで働いていたゲイ
ギリギリ平成生まれ。現在は学生兼作家。作家としてエッセイやコラム、小説などを手がける。取材や対談などで得た知見や、経験談などをブログやツイッターにて日々更新している。ネコチャンと6年間暮らしていた。今はネチコヤンと暮らしている。最新刊は『繋渡り』(KADOKAWA)。

もちぎ:人から悩みの相談を受けるときって、「親子関係で悩んでいる」「恋人とうまくいかない」「上司とそりが合わない」みたいに“関係性”だけを示されることが多いですよね。

精神科医Tomy:たぶん、みなさん「型」に基づいたアドバイスが欲しいんですよね。でも実際には、自分と相手がどういう人間かを掘り下げていかないと、適切なアドバイスなんてできない。そうかといって「答えは人それぞれ違うんですよ」なんて言われても、明快な答えを欲しがっている相談者は困ってしまいます。だからボク自身は、相談者が欲しがっている答えと本質的な真理とのバランスを意識しながらお悩みに答えるようにしています。

もちぎ:そのジレンマ、わかります。

精神科医Tomy:もちぎさんの作品は、どれもストーリーを読みながら、読者1人ひとりが自分なりに何かを感じて答えを出していけるところに魅力があります。その点、ボクの場合、もう少し医師としてのノウハウに基づくアドバイスを求められます。これがなかなか難しいところではありますが、できるだけ多くの人に共通する落としどころを提示しようと心がけています。

もちぎ:自分1人の視点だけで悩みを解決するのは限界がありますよね。病院に「セカンドオピニオン」があるみたいに、複数の立場からアドバイスをしたほうがいいかもしれない。自分の場合も、「もちぎが言っていたことが少しは役立つかもしれない」というくらいに割り切って、あまり自分自身に過度な期待をせず、諦めと妥協を意識しながら発信しているのが実情です。Tomy先生は「自分が患者さんを救わなきゃ」みたいな焦りを感じたりしますか?