Photo:PIXTA

ダイエットは
「最小限の回数」で終わらせるべき理由

「1度のダイエットで体形をキープするにはどうしたらいいでしょうか」

 連載の担当編集者だった方から、この命題をいただきました。1度のダイエットで体形をキープできたら、どんなに幸せなことか…。でも、そんなケースがあったかな…と振り返ってみても、私のところに相談にくるのはダイエット経験者ばかり。

 かくいう私も、ダイエット歴の始まりは高校生にさかのぼり、カロリー手帳に食事のカロリーを書き込んではストレスをためこみ、大学生のときには友達と自己流断食合宿をしたものの、回復食1食目がポテトチップスというオチ。栄養士になってからは真面目すぎる食事の反動でリバウンド…と、それはそれは黒く長いダイエット時代がありました。

 それでも、数々の失敗をエジソン流に解釈をすれば、「うまくいかない方法を発見しただけ」で、その紆余曲折があったからこそ、ここ10年は、自分なりにちょうど良いバランスの食生活になり、妊娠時を除き、体重も体形もストレスなくキープすることができています。

 でも、ダイエットの回数を重ねるほどに、そして、それが思うようにいかないほどに迷走してしまい、食事量をどんどん削り、「おいしさ」や「たのしみ」をカットした食生活を送ることになるケースの方が圧倒的に多いものです。

 ダイエット法によっては、代謝が落ちてダイエット期間終了後により太りやすくなってしまうものもあり、できるだけ少ない回数で終止符を打てるのに越したことはありません。

 今回は、ダイエットを成功させた方たちが、ダイエットを繰り返さないための5つのポイントをお話したいと思います。