「アパマンショップ」創業者で三光ソフランホールディングスの高橋誠一会長と、日本最大級の美容室「EARTH(アース)」の取締役で、10万部突破の『年収1億円になる人の習慣』の著者、山下誠司さんの対談が実現しました。対談第3回は、「時間を守ること」について、お2人に語り合っていただきました。(構成・藤吉豊、竹崎祐子)

「約束の時間を守る」ことが、信頼を得るファーストステップ

山下誠司(やました・せいじ)
(株)アースホールディングス取締役
(株)サンクチュアリ代表取締役
日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役[スタッフ3000名、年商180億円]。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。(株)サンクチュアリは、自社から輩出したフランチャイズ30社とともに、関東、甲信越、東海、北陸、北海道、福岡で展開[スタッフ900名、年商50億円]。
1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。40歳からは、仕事と遊びの壁が、完全になくなる。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」。

山下:ジャカルタ視察中に、高橋会長に言われて衝撃を受けた言葉があります。

「山下さん、部下に対して、『何か話があったら、いつでも来いよ』と言うのは雑な管理だ。では丁寧な管理とは何かというと、『毎週月曜日は、必ず会う』と決めてしまうこと。日程が決まっていれば、部下はその日に準備できます。山下さんが部下の立場だったら、『何かあったら来て』と言われて、話しに行けますか?」

確かに「行きにくいな」と思いました。そのお話をうかがってから、私も会議をする日程をあらかじめ決めて、定例化するようにしたんです。すると、非常に風通しが良くなりましたね。

高橋:そういえば、ジャカルタのホテルで朝食を食べたとき、私が前夜に「明日の朝、午前7時に朝食を食べようと思っている」と伝えたら、山下さんは翌朝7時ぴったりに来てくれましたよね。

でも山下さんは、なぜかフルーツしか食べない。「どうしてフルーツだけなの?」と聞いたら「2回目だからです」と言う。詳しく聞くと、「午前6時に1回目の食事を済ませていて、それから散歩に行って、7時に間に合わせるように戻ってきた。食事は終わっているから、デザートだけでいいんです」と……。

驚きました。山下さんは常に私の時間に合わせて行動をしてくれました。相手を待たせない姿勢は、ビジネスをする上でとても大事なことだと思います。

「自分を信用してもらうための第一歩は何か?」という問いに、私なら、「約束を守ること」と答えます。そして、「約束を守る」ための一番簡単な方法は、約束した「時間通り」に行くことなんです。「約束した時間に来る人」は、相手に大きな安心感を与えますから。

山下:それに私は、朝は、「一番良いお話がうかがえる時間帯」だと思っています。高橋会長と朝食をご一緒できるのであれば、「目の前に座って、しっかりお話を聞きたい。そのためには、絶対に時間を厳守しなければいけない」と。あれほどの大チャンス、外すわけにはいかないですからね。

高橋:朝食をとりながらリラックスした状態で話を聞くと、頭に入りやすいですよね。当社では、海外出張のときは、いつも朝7時からミーティングをしています。

ミーティングといっても、会議室で背筋を伸ばして話し合いをするのではなくて、「食事をともにすること」なんです。食べながら、いろいろな話を聞くんですね。