日本においてアイドルのあり方が細分化されていることに気づいている人も多いだろう。ローカルアイドルはもちろんのこと、地下アイドル、コスプレアイドル、鉄道オタクのアイドルなどなど、細分化された世界においてアイドルが誕生している。

 たとえば、私に言わせると、石原さとみは「アイドル女優」ではなく「女優界のアイドル」である。

「アイドル女優」はアイドル的な女優のことで、たとえば「本格派女優」「演技派女優」などに対立する。一方、「女優界のアイドル」は「女優」という限定された世界におけるアイドルであり、石原さとみは後者である。

 BABYMETALもポップスではなく、「メタル界のアイドル」として成功している。国境を超えた活躍をしているが、あくまで「メタル」という世界に限定されている。BABYMETALの成功は、日本のアイドルが国際市場に活躍の場を見つけることができるヒントとなっている。

 それは、ローカルな場でアイドルが存在できる可能性があれば、エンターテインメントにおいて多様で大きな市場を持つ日本が有利だからだ。

 BABYMETALが世界的な活躍ができるのは、メタルを熟知する仕掛け人と、国際水準のプレーヤーが存在して、BABYMETALを全面的にバックアップできるからだろう。ローカルな場であろうと世界市場であればあるレベル(=お金を払った客をライブで楽しませるレベル)のパフォーマンス力が必要である。その点に関しては、日本が独壇場にできる可能性はあるだろう。

 ただし、BABYMETALのメンバーが、本当にメタルを愛してライブに情熱を燃やしているのかは少し疑わしい。最近、メンバーの一人が脱退したが、そうなると「やらされている」という状態でハードなスケジュールを無理してこなしていた可能性もある。

 BABYMETALの場合、あまりに早い段階で世界市場に出てしまったために、まだ10代のメンバーに過剰な負担をかけている可能性もあり、その功績は評価したいものの、本当に手放しで評価していいのかかどうか迷いもある。ただし、BAMYMETALが日本のアイドルのあり方に大きな可能性を与えてくれた点は疑いようもない。