変わらないのは
「目的」だけ

みんなが知らない「サラリーマンの生存戦略」副業年収1億円!motoさん伝授尾原和啓氏と山口周氏の共著『仮想空間シフト』(MdN新書)が8月6日に発売された。発行 エムディエヌコーポレーション

moto 今回の本の中で山口周さんが「自分を経営する視点を持て」という話をされていましたが、僕も同じ考えを持って仕事をしています。どうしたら自分の売り上げ、つまり年収が上がるのか、自分の提供価値は何なのかを常に意識して行動するようにしています。

尾原 motoさんはご著書「転職と副業の掛け算」などでも「自分株式会社」を経営する視点を持てとおっしゃられていますよね。

moto コロナになってからこの考え方をより大事にするようになりました。大手企業ですらどうなるかわからないという状況の中で、個人がどう生き残るかはちゃんと考える必要があります。とはいえ、ただ辛い将来を想像するのではなく、この環境で得た学びをどう生かして生き残るか?とポジティブに考えることが大事だと思っています。

尾原 リモートワークの普及なんかがまさにそれですよね。

moto これまでとは違う環境を自分の中にどう取り入れて、アップデートしていくか、これからを生き抜く上で個人のキャリアをどう築いていくか、という個人の経営戦略みたいなものを考えることが大切だなと感じています。

尾原 それで言うと、motoさんは転職や副業はもちろん、自分株式会社を経営するためにどのようなスキルや考え方が必要か?というところの解像度がもの凄く高いなと感じます。

moto ありがとうございます。

尾原 その中で、意識的にアドバイスしていること、考えていることっていうのはありますか?