株価
ケインズは「株価は美人投票だ」という名言を残した Photo:PIXTA

株価は、皆が上がると思うと皆が買い注文を出すので、実際に上がる。したがって、真実を追求するより、噂を探る方が利益を生みやすい。(経済評論家 塚崎公義)

ケインズ時代の美人投票の仕組みとは

「株価は美人投票だ」というのは、美人投票との対比で株価を論じたケインズの言葉であるが、これを理解するためには当時の美人投票の仕組みを知っておく必要がある。

 ただし、株価が美人投票だというのは短期投資の場合である。本稿は短期投資に関して論じたものだ。

 当時は、優勝した候補に投票した審査員も「審美眼がある」ということで賞品をもらえたのである。そうしたことから、審査員は自分が美人だと思った候補よりも、他人が投票しそうな候補に投票しようと考えるようになる。

 たとえば、自分は候補者Aが美人だと思っても、候補者Bが登場した時にほかの審査員が拍手をしたとしたら、Bに投票するといった具合である。

 そうなると、審査員は壇上の候補者を見つめるより、審査員席の噂話を気にするようになる。そんな時、「候補者Cが審査員に賄賂を配っている」という噂を聞いたら、「それならCが勝つだろうから、自分もCに投票しよう」と考えるだろう。「自分にも賄賂をくれればいいのに」と思うか否かは別だが(笑)。

 株式市場も、それと同様である。人々がC株が上がると考えていれば、人々がC株に買い注文を出すのでC株が値上がりする。したがって、投資家としては市場で値上がりしそうだという噂が流れている株を買うべきだ、ということになる。

 筆者は、企業について分析することはなんとかできるつもりだが、残念ながら投資家たちの情報交換ネットワークには参加できていない。筆者が株でもうからない理由はそこにあるともいえる(笑)。