世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。
その出口学長が、3年をかけて書き上げた大著が、大手書店のベストセラーとなり、話題となっている。BC1000年前後に生まれた世界最古の宗教家・ゾロアスター、BC624年頃に生まれた世界最古の哲学者・タレスから現代のレヴィ=ストロースまで、哲学者・宗教家の肖像100点以上を用いて、世界史を背骨に、日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説した本だ。なぜ、今、哲学だけではなく、宗教を同時に学ぶ必要があるのか?
直木賞作家・作詞家のなかにし礼さんが激賞、脳研究者で東京大学教授の池谷裕二氏が絶賛、小説家の宮部みゆき氏が推薦、某有名書店員が「100年残る王道の1冊」「2019年で一番の本」と断言した、『哲学と宗教全史』が、2400円+税という高額本にもかかわらず9万部を突破。「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」では総合グランプリ第6位、リベラルアーツ部門第2位となった。本連載も累計110万PV(ページビュー)を突破した。
「日経新聞」「日経MJ」「朝日新聞」「読売新聞」「北海道新聞」「中国新聞」「京都新聞」「神戸新聞」「中日新聞」で大きく掲載。“HONZ”『致知』『週刊朝日』『サンデー毎日』「読売新聞」でも書評が掲載され、話題となっている。
今回も6月17日にダイヤモンド経営者倶楽部「特別定例会」で行われた出口氏の講演「グローバル人材と日本の課題」の後に開催された質疑応答の様子を特別にお送りしよう。

Photo: Adobe Stock

世界中でAPUに学生がくる理由

出口治明(でぐち・はるあき)
立命館アジア太平洋大学(APU)学長
1948年、三重県美杉村生まれ。京都大学法学部を卒業後、1972年、日本生命保険相互会社入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年4月、生命保険業免許取得に伴いライフネット生命保険株式会社に社名を変更。2012年、上場。社長、会長を10年務めた後、2018年より現職。訪れた世界の都市は1200以上、読んだ本は1万冊超。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。おもな著書に『生命保険入門 新版』(岩波書店)、『仕事に効く教養としての「世界史」I・II』(祥伝社)、『全世界史(上)(下)』『「働き方」の教科書』(以上、新潮社)、『人生を面白くする 本物の教養』(幻冬舎新書)、『人類5000年史I・II』(ちくま新書)、『0から学ぶ「日本史」講義 古代篇、中世篇』(文藝春秋)など多数。

出口:はい。次の方、どうぞ。

――出口学長、貴重なお話をありがとうございました。

私はアメリカに15年住んでいました。大学卒業後に現地のアメリカの企業に入り、3社くらい渡り歩きました。

今は日本に帰ってきて、家業を継いで4年になります。

仕事をしている中で、アメリカと日本で、人材の流動性や働いている人たちのメンタリティの違いと難しさを感じています。

同時に日本の現状に憤りと危機感も感じています。

APUには海外から多くの留学生がくると聞きますが、留学生たちは日本に何を求めてやってくるのか。日本以外にシンガポール、香港、アメリカ、ヨーロッパなどたくさんの選択肢があるはずです。なのになぜ日本のAPUにくるのでしょうか?

出口:まず、身も蓋もない話をすれば、学費が安いからです。

APUの学費は決して安くなく、最低でも年間150万円くらいはかかるのですが、アメリカの一流大学は最低でも年間5~6万ドルはかかかります。

世界の一流大学に比べれば、学費が安いということが一番の理由です。

2番目は、ミシュランの3つ星を2つ持っているということです。

APUが取得している国際認証のAACSBとTedQualは、たとえればミシュランの3つ星で、グローバルな学生は、世界の大学の数が2万5000校くらいあるので、欧米の大学は学費が高いから行けないなあと思ったときに、学費が安い国で、ミシュランの星を持っている大学を探すので、APUが浮上するというわけです。

もちろん、秋入学で英語入試をやっているので、全世界の入試時期と一緒ということも大きいのですが、端的にいえば、学費が安くてミシュランの3つ星を2つ持っていることが決め手だと思います。とりあえずはそれでよろしいですか。

出口:はい、どうぞ。

――私は大分の出身で、別府に祖母がいます。大分トリニータの筆頭株主になりました。

出口:ありがとうございます。

――かぼす大使もやっています。大分県の観光を通じて、地域再生にどのように貢献していこうか模索中です。

スポーツと産学と経済を合わせてやっていかなければと思います。

この前、APUをお邪魔しました。

出口学長はいませんでしたが、まず驚いたのは、生協の本のコーナーに「出口コーナー」というのがあって、出口さん推薦の本があったことです。

学内の雰囲気も、他の大学と違い、よかったです。

コロナの影響で休み中でしたが、それなりに人もいました。

APUは新しい大学のあり方だと思っています。

APUは大分県の地域再生としてやられている活動はありますでしょうか。

出口:それはもうガンガンやっています。

APUは大分県にある大学なので、大分が元気にならなければいけない。大分の元気がなくなってAPUだけが元気でいられるはずがないと、民・官・学のリンケージを学長就任以来話続けています。

たとえば、大分県臼杵市に本社があるフンドーキン醤油株式会社(文久元年創業、1931年設立、小手川強二社長)と共同して、「ハラルはちみつ醤油」をつくったり、いろいろな地域連携を行っています(ハラルとはイスラム教の戒律で許された製造手法に沿ったもの)。

地域と一緒に学ぶことで、大分だけではなく、九州全体を元気にしようと思っています。

昨年、九経連(一般社団法人九州経済連合会)と初めて本格的な連携協定を行いました。

九経連の麻生泰会長(麻生セメント会長)とも話し、九州の1000社ある企業とAPUをダイレクトに結びつけ、「企業のみなさんがAPUを鍛えてください」といい歩いています。みなさんも、どうかAPUの元気のいい学生を鍛えてください。

――私も大分にいくと、APUの学生がたくさんいて、本当に街が変わったなと思っています。

出口:別府の地元では、若者の2人に一人がAPU生ですから。

ぜひこれからも応援してください。ありがとうございます。


続きは次回にしましょう。

過去の僕の『哲学と宗教全史』全連載は「連載バックナンバー」にありますので、ぜひご覧いただき、楽しんでいただけたらと思います。