「嫌な性格の人」は出世が遅い?米国が発表した理由Photo:PIXTA

「嫌な性格の人」は出世が遅い?

 自分勝手で嫌な性格の人は、成功までの道のりが長いことが、米カリフォルニア大学バークレー校Haas School of BusinessのCameron Anderson氏らが実施した2件の研究から明らかになった。研究結果は、「Proceedings of the National Academy of Sciences」8月31日オンライン版に発表された。

 この研究は、1999〜2008年(Time 1)に米国の3つの大学の大学院またはMBA(経営学修士)プログラムに在籍していた男女を対象としたもの。人格評価尺度として用いられたのは、外向性、開放性、協調性、勤勉性、神経症傾向の5つの次元で人格を評価するBig Five Inventory(BFI)とNEO Personality Inventory-Revised(NEO PI-R)の2種類である。

 最初の研究の参加者は457人で、Time 1と、Time 1から平均約14年後の2018年(Time 2)に全員がBFIを受け、このうち258人はNEO PI-Rも受けていた。その結果、嫌な性格と高い社会的地位との間には関係がないことが判明した。この結果は、性別や人種などの個人的要因や、組織や文化などの環境面での要因の違いにかかわらず一貫していた。一方、Time 1で、社会性があって活力にあふれ、自己主張が上手だと評価された人は、Time 2の時点で高い社会的地位を獲得している率が高かった。