Photo:PIXTA

東京圏で初の転出超
他府県への流出が流入上回る

 東京都の人口に見られている異変は、これからも続くだろうか。

 2020年5月に、転入超過数(都外からの転入者数から都外への転出者数を差し引いた数)がマイナス(転出超過)になった。

 これは、外国人を含む集計が開始された13年7月以降では初めてのことで、6月はプラスに転じたが、7・8月には再び2カ月連続で転出超過となった。

 また7月には東京都だけでなく、神奈川県、埼玉県、千葉県を合わせた東京圏のベースでも、現行統計上で初の転出超過となり、8月もそれが続いた。

 新型コロナウイルス感染症の検査陽性者が、全国的に見て東京で特に多いことがその要因といわれている。本当だろうか。