●野菜室・冷凍室など引き出し収納のアレンジ
ケースを使って区切る方法がよく紹介されています。ビギナーが真似するなら「細かく区切り過ぎない」ことがポイント。区切れば区切るほど、出し入れする時に「ええと…どこだっけ」と考える作業が発生します。また、大きさの合わない野菜や冷凍食品がくる度に、区切り方を変えなければならないので面倒が増えてしまいます。

ビギナー向け・冷蔵庫収納(2)
「定量化」で場所のコストを下げる

上級者向け:統一デザインのボトルに移し替えて管理
ビギナー向け:オープン型のケースやジッパーバッグに放り込んで管理

 統一デザインのボトルが並んだ光景は美しいものです。キッチンで料理を楽しむために、そういったアレンジを取り入れるのも良いでしょう。ただ、あなたが収納ビギナーなら、話は別。プラスαの手間が発生するそのアレンジは後回しにして、まずは「勝手に増えてしまうもの」を「定量化」させましょう。

「定量化」の鍵は、「“ただなんとなく”をやめる」ことにあります。

 例えば、ケーキやお惣菜についてくる小さな保冷剤の管理はどうでしょう…?冷凍庫のトレイにいつの間にか大量に入っていませんか?また、冷蔵庫のドアポケットを覗くと、パック寿司についてきた醤油やワサビなどがたまっていないでしょうか…?