スタンフォード大学・オンラインハイスクールはオンラインにもかかわらず、全米トップ10の常連で、2020年は全米の大学進学校1位となった。世界最高峰の中1から高3の天才児、計900人(30ヵ国)がリアルタイムのオンラインセミナーで学んでいる。
そのトップがオンライン教育の世界的リーダー、星友啓校長(1977年生)だ。
全米トップ校の白熱授業を再現。予測不可能な時代に、シリコンバレーの中心でエリートたちが密かに学ぶ最高の生存戦略を初公開した、星校長初の著書『スタンフォード式生き抜く力』が発売たちまち2万部重版。日経新聞と朝日新聞にも掲載された。
星校長は東大→スタンフォードとエリート街道まっしぐらと思いきや、プー太郎生活の日々もあったという。
スタンフォード大学・オンラインハイスクールが設立されたのは今から15年も前。設立当初から関わり、校長として世界中の様々な学術・教育のエキスパート100人を束ねながら、10代の子どもたちの教壇にも立っている。コロナ禍で全世界から星校長の活躍に注目が集まっている。
このたび、本書を「現代版『武士道』というべき本。新しい世界に必要な教育が日本人によって示されたと記憶される本になる」と評したベストセラー作家で“日本一のマーケッター”の神田昌典氏と星校長が初めてオンラインでつながり、オンライン読書会を開催した。
神田氏は、世界最大級の読書会コミュニティ「リードフォーアクション」の創設者である。リードフォーアクションでは、オンラインでの読書会を2018年頃より積極的に開催しており、現在では、日本だけではなくアジアをはじめ世界中に在住する日本人が、このオンライン読書会に参加してくるという。まさにオンラインで世界中とつながる場を創っている団体である。このオンラインでの学びの場を共通点をきっかけに、リードフォーアクションの読書会でのコラボが実現した。その貴重なやりとりを実況中継する。(11/21「The Salon:スタンフォードの聞く力『アクティブ・リスニング』」も話題沸騰)

一般企業に勤めるビジネスパーソンが<br />今こそ「生き抜く力」が必要な理由<br />…神田昌典氏×星友啓校長対談8Photo: Adobe Stock

自分とは違った意見のある相手でも、
その主張を理解できるのがエンパシー

一般企業に勤めるビジネスパーソンが<br />今こそ「生き抜く力」が必要な理由<br />…神田昌典氏×星友啓校長対談8星 友啓(Tomohiro Hoshi)
スタンフォード大学・オンラインハイスクール校長
経営者、教育者、論理学者
1977年生まれ。スタンフォード大学哲学博士。東京大学文学部思想文化学科哲学専修課程卒業。教育テクノロジーとオンライン教育の世界的リーダーとして活躍。コロナ禍でリモート化が急務の世界の教育界で、のべ50ヵ国・2万人以上の教育者を支援。スタンフォード大学のリーダーの一員として、同大学のオンライン化も牽引した。スタンフォード大学哲学部で博士号取得後、講師を経て同大学内にオンラインハイスクールを立ち上げるプロジェクトに参加。オンラインにもかかわらず、同校を近年全米トップ10の常連に、2020年には全米の大学進学校1位にまで押し上げる。世界30ヵ国、全米48州から900人の天才児たちを集め、世界屈指の大学から選りすぐりの学術・教育のエキスパートが100人体制でサポート。設立15年目。反転授業を取り入れ、世界トップのクオリティ教育を実現させたことで、アメリカのみならず世界の教育界で大きな注目を集める。本書が初の著書。
【著者公式サイト】(最新情報やブログを配信中)
https://tomohirohoshi.com/

木村祥子(ファシリテーター。以下、木村):こんな質問もきています。

「今、自粛ムードの中、リアルな交流が減っていて、オンライン化によるエンパシー負債というものがすごくあるんじゃないかなと思います。

そして、このオンラインの時代の中で子どもたちがエンパシー負債に陥らずに人生100年時代を生き抜くには、何が必要なのでしょう」

星 友啓(以下、星):ありがとうございます。実践という意味では、本書で書いた「誰にでもできる!“自分を思いやる”プレミアム・エクササイズ」をやっていただくのがまず第一歩かもしれません。

あとは、ダイバーシティ、個性の違いから学ぶことを意識して、そこから価値を発見していくことが大事ですね。

注意していただきたいのは、エンパシーは、相手に迎合したり、相手の言われたままに動いたりすることではありません。さらに相手と同化するという意味でもない。むしろ、相手との差がわかる過程に自分がいるという感覚が大切。

自分とは違った意見のある相手でも、その主張を理解できることがエンパシーの大事なところです。

そのためには、相手と自分が違うという、当たり前の実感を持つこと。

本書にもありますが、意見や考えが違うのは、各々自分があるから違いだという認識から違いにスタートすることが大事です。

エンパシーはお互いに「差」があることが前提なので、多様な価値観を教育の中で教えていくのが大事だと思っています。

木村:ありがとうございます。神田さんいかがでしょうか。