ダイヤモンド決算報#不動産
Photo:zhanghaitao/gettyimages

東急不動産ホールディングスは、2021年3月期中間決算において不動産大手5社のうち営業利益率に最下位になった。加えて5社の中で唯一、通期予想を下方修正した。なぜこんな状況になったのか。(ダイヤモンド編集部 大根田康介)

東急不動産HDは営業利益率で最下位
唯一、通期予想を下方修正

「2021年3月期の通期予想を下方修正します」――。東急不動産ホールディングス(HD)は11月9日の決算説明会で苦しさをにじませながら、そう報告した。

 不動産大手5社である三井不動産、三菱地所、住友不動産、野村不動産HD、東急不動産HDの21年3月期中間決算(20年4~9月)において、東急不動産HDは営業利益率が5社の中で最下位になった。さらに5社の中で唯一、通期予想を下方修正した。

 東急不動産HDに何が起こったのか。