大卒入社3年目のこと。貯金100万円を元手に、
40歳をちょっと過ぎるまでに株式投資で生涯賃金2億円を稼ぐことを決意した。
でも、投資はまったくの素人。完全に知識ゼロの状態だった。
そこで、日中はサラリーマンとして忙しく働きながら、
株式投資の入門書を買って勉強するところから始めた。
最初は短期売買を繰り返して失敗したが、
より落ち着いて取引できる中長期投資に方向転換したところ、“勝ちパターン”が見つかった。
どんどん資産を増やし、当初の計画前倒しで資産2億円達成!
サラリーマンにして株式投資で月400万、500万円の利益を出すことはざら。
多い月には1000万円を軽く超える含み益を得ている。
その投資手法は、堅実で着実。
『10万円から始める! 割安成長株で2億円』の著者・弐億貯男が、
すべてのサラリーマンにおすすめの投資スタイルを手取り足取り伝授する。
「会社の人は誰も知らないけれど、実はボク、いつ会社を辞めても大丈夫なんです!」――弐億貯男

Photo: Adobe Stock

株式や投資資金は
銀行預金より安全に保護される

もし株式投資で利用している証券会社が破綻したら、預けている株式や資金はどうなるのか。

そんなことを考えたことがあるでしょうか?

銀行の普通預金であれば、万一銀行が破たんしても、預金者1人当たり金融機関ごとに元本1000万円までと破綻するまでの利息分が保護されます。

しかし、証券会社に預けている株式やお金はどうなるのでしょうか?

結論から言うと、証券会社に預けている株式やお金は、銀行の普通預金よりも安全に保護されます。

証券会社に預けているお金や株式や債券、投資信託などの有価証券は、金融商品取引法によって分別管理が義務付けられています。

証券会社が破綻したとしても、預けたお金や株式は全額が保護され、返還してもらうことができるのです。

さらに、証券会社が分別管理を怠って顧客の預かり金を流用していた場合であっても、証券会社が加入を義務付けられている「投資者保護基金」によって、1000万円まで補償されます。