自分を過大評価してしまう人が陥る「ワナ」と、信頼獲得に欠かせない「たった1つのコツ」とは
Photo:PIXTA

 親しい人たちにチヤホヤされると、だれしも気分がいいもの。でも、その結果、自分の実力を勘違いしてしまい、恥をかくことに……。そんな失敗をしたことはありませんか? 『人気NO.1予備校講師が実践!「また会いたい」と思われる話し方』(朝日新聞出版)の著者の犬塚壮志氏は、そのような苦い経験を糧にし、話し方を変えることで、人気No.1講師へと変貌を遂げたと言います。その話し方のコツを、同書から一部を抜粋、再編集して紹介します。

*  *  *

自分を過大評価してしまう人が陥るワナ

 人はチヤホヤされると、自分の実力を実際以上のものだと勘違いしてしまいがちです。特に、自分のことを認めてくれる人たちが集まったコミュニティの中にいると、徐々に自分の力を過信する「認知のバイアス(偏り)」が強くなっていきます。これだけの人が応援してくれるのだから、自分はより多くの人に認められるはずだ、と。

 そんな状態に陥ると、ときに手痛いしっぺ返しを受けることになります。