また、Dさん自身も帰宅途中でおいしそうだと思ったものを買ってきたり、日用品の不足に気が付いて買ってきたりと、こまごまとした出費が多くなっているようです。こうした買い物のほか、妻に追加の5万~10万円を渡し、住宅ローンや自動車ローン、子どもの教育ローンなどを支払っていると、毎月の支出は収入額を上回ってしまうのです。

 Dさんの家計を改善するには、まず固定費の見直しをし、同時に妻に渡している生活費の総額を削減すること、Dさん自身が使っている生活費を削減することなどに取り組むことがよいでしょう。ですが、妻に対してはかなり優しいというか甘く、渡すお金についてはこれまで通りにしたいとのこと。自分が買って帰る食品や日用品も、家族の楽しみになっているからそのままにしたいといい、赤字を改善できるほど支出を削減することができません。

 Dさんの貯金は100万円ほど。ローンの早期返済も難しく、支出の改善ができなければ、現状から変わることはできないことをお伝えしたところ、「投資でなんとかできませんか」と言い出したのです。

家計改善に一発逆転の
“秘策”はない

 現状では投資の原資がありませんし、何より生活を守るための貯金がありません。投資をすること自体が難しい家計状況なのです。まずはそこを理解いただき、投資をしたいのなら、貯金を増やす、毎月安定して余剰金を出せる家計を作るなど改善していきたいのですが、なかなか話は進みません。

 客観的に見ると危機的状況にある家計だと言えるのですが、当人には自覚が薄く、何か“秘策”を用いれば改善できると思っているようです。ですが、家計の改善には、秘策はありません。事例紹介などに書かれているものは長期間取り組んだものをまとめているので秘策に見えるのかもしれないのですが、実際には愚直な努力や工夫があるものなのです。

 ですから自分で取り組む覚悟を持たなくては、状況を改善することはできません。Dさんの場合は収入の中に支出を収めるという、基本の状態になるよう、支出を見直していくことが重要なのです。

 世の中には、危機的状況にあったのに、投資をして一発逆転のように状況が変わったという人もいるでしょう。ですが、それはまれなこと。根拠のない自信で進むようなものです。自分も簡単に同じにできるとは思わないことが重要です。

 投資の経験がない、経験が少ない人が取り組むべきは長期・分散・積み立ての投資であって、大きなリターンを狙うようなリスクの高い投資ではありません。そこを間違ってはいけません。

 家計改善にウルトラCがないように、投資においてもウルトラCはまれなこと。根本的な家計状況の改善すら十分にせずに、根拠なく短絡的に行う投資で一発逆転を狙うのはあまりにナンセンスなのです。やはり家計状況の改善には、当たり前のことを当たり前に取り組むことが大切です。そして長期的に無理のない範囲で投資を続ける、そのスタンスを忘れないでいただきたいと思います。

(家計再生コンサルタント 横山光昭)