周囲の人々に細やかに気を配り、常にリスペクトの気持ちを忘れない。心配性だからこそ細部まで徹底的に自分の頭で考え抜き、臆病だからこそあらゆるリスクに備えて万全の準備を怠らない。だからこそ、いざというときに決然とした意思決定を下すことができる。そして、その決断を支持する人たちの力を借りながら難局を乗り越えていくのです。

「繊細さ」を束ねて
「強靭なリーダー」になる

 いわば、細やかな神経を束ねて図太い神経をつくる。

 これこそが、真に強靭(きょうじん)なリーダーになる秘訣なのです。つまり、「繊細さ」「小心さ」は短所ではなく長所だということ。これらの内向的な性質をコンプレックスとして捉えるのではなく、「武器」として活かすことができる人が優れたリーダーへと育っていくのです。

 私自身、かつては自分の「繊細さ」にコンプレックスを感じていました。

 もともと引っ込み思案で、人付き合いも得意ではない性格。大学では美術部に所属して、黙々と油絵を描くのが好きなおとなしい学生でした。そして、「ブリヂストン美術館」(現アーティゾン美術館)があるような会社だから、きっと“文化的な会社”に違いないと思い込んで、1968年にブリヂストンタイヤに入社。これが大いなる勘違いでした。

 いざ入社してみると、文化や芸術の繊細な世界とはかけ離れた、荒々しい職場だったのです。野武士のような雰囲気の先輩が闊歩(かっぽ)する社内で、痩せてひょろひょろだった私は気圧(けお)されるばかり。「ここでやっていけるのか」と頭を抱える毎日でした。

入社2年目に学んだ
リーダーの基本

 転機が訪れたのは入社2年目。

 大学でタイ語を学んでいたことが評価されたのでしょう、当時、立ち上げの真っ只中にあったタイ・ブリヂストンの工場に配属。赴任後しばらくして、「タイ人従業員による在庫管理が混乱しているので正常化してくれ」と上司に指示をされた私は、在庫管理の改革に取り組むことにしました。とはいえ入社2年目、何の肩書もないペーペーです。「舐められたらダメだ」。そう気負った私は、無理して強い姿勢で彼らに改善を要求。これが、思いもよらないトラブルを生み出しました。

 タイ人従業員の猛烈な反発を食らったのです。こちらとしてはスジの通った指摘をしているつもりなのに、全く言うことを聞いてくれない。それどころか、「若造のくせに威張りやがって、なんだコイツは」という態度をあからさまに取られる始末。在庫管理が適正化するどころか、職場が機能不全に陥りかけたのです。

 困り果てた私は、上司に泣きつきました。