心血管疾患死亡の世界的動向とは?Photo:PIXTA

心血管疾患死亡の世界的動向は?

 虚血性心疾患や脳卒中などの心血管疾患(CVD)は、世界の死因の3分の1を占める主要な死因であり、現在もCVDによる死亡者数は増え続けているとする報告が、米ワシントン大学循環器病学准教授のGregory Roth氏らにより、「Journal of the American College of Cardiology」12月号に掲載された。

 この報告は、世界疾病負荷研究(The Global Burden of Diseases, Injuries, and Risk Factors Study 2019;GBD 2019)の推計データに基づき、総CVD負荷の大きさを検討したもの。GBDは7つの研究機関により1990年に開始された、健康に関する国際共同研究である。GBD 2019では、世界の204の国や地域における1990〜2019年の健康にまつわるさまざまな指標が数値化され、提示された。

 報告によると、1990〜2019年の間に、世界でのCVDの症例は、2億7100万人から5億2300万人へとほぼ倍増した。また、CVDによる死亡者数も、1990年の1210万人から2019年の1860万人へと恒常的な増加を示した。2019年では、CVDによる死亡の大部分は、動脈の狭窄によって引き起こされる虚血性心疾患と脳卒中に起因しており、これらを原因とする死亡者数は1990年から増加の一途を辿っている。

 さらに、障害調整生命年(Disability-Adjusted Life Year;DALY、病的状態や障害などにより失われた年数)と損失生存年数(Years of Life Lost;YLL、理想的な平均余命から疾病障害により失われた年数の合計)も有意な増加を示した。また、障害生存年数(Years Lived with Disability;YLD、理想的ではない健康状態で過ごす年数)は、1990年の1770万年から2019年には3440万年へと倍増を示した。