「なぜ、日本ではユニコーン企業がなかなか出ないのか?」――。
この疑問への1つの回答となるのが田所雅之氏の最新刊『起業大全』(7/30発売、ダイヤモンド社)だ。ユニコーンとは、単に時価総額が高い未上場スタートアップではなく、「産業を生み出し、明日の世界を想像する担い手」となる企業のことだ。スタートアップが成功してユニコーンになるためには、経営陣が全ての鍵を握っている。事業をさらに大きくするためには、「起業家」から「事業家」へと、自らを進化させる必要がある、というのが田所氏が本の中に込めたメッセージだ。本連載では、「起業家」から「事業家」へとレベルアップするために必要な視座や能力、スキルなどについて解説していく。

Photo: Adobe Stock

皆が好きなプロダクトを作れ、そして、
最高クラスの人材を雇え

 ―ブライアン・チェスキー Airbnb CEO

 組織の「現状の姿」と「あるべき姿」を洗い出し、採用するべきペルソナ・ジョブディスクリプションを洗い出せたら、実際に使用する採用ファネルを設計してみよう。

 採用ファネルとは、採用を効率化するしくみのことだ。下図表のように、有料チャネル、SNS、エージェント、ダイレクトリクルーティング、リファラル(紹介)などから成り立っている。