累計38万部超のベストセラー『餃子屋と高級フレンチ』シリーズでおなじみの著者・林 總氏の最新刊『たった10日で決算書がプロ並みに読めるようになる! 会計の教室』が9月29日にダイヤモンド社から発売になりました。本連載では、同書の中から抜粋して決算書を読み解くために必要な基本の知識をお伝えしていきます。登場人物は、林教授と生徒の川村カノンの2人。知識ゼロから始めて、いかにして決算書を読み解くスキルを身につけていくのか? 川村カノンになったつもりで、本連載にお付き合いください。

Photo: Adobe Stock

財務レバレッジ

林教授 それから貸借対照表を分析する場合は、財務レバレッジに注目することが重要だ。

カノン 財務レバレッジって何ですか?

林教授 自己資本に対して何倍の資本を運用したかを示す指標だ。次の式で表すことができる。

林教授 調達した資本は資産に運用するから、この割合が大きいほど運用できる資本は大きくなる。

カノン レバレッジって、確か……。

林教授 テコという意味だ。小さな力でも重い物を持ち上げられる、あのテコだ。つまり、借金を増やせば自己資本が少なくても多くの資本を運用できる。これが財務レバレッジ効果なんだ。

カノン 商売を拡大するには借金をジャンジャン増やせばいいんですね。

林教授 そう考える経営者もいる。だが、借金は返さなくてはならない。しかも、会社が新たに生成した価値、つまり利益でね。

カノン じゃあ、借金はしないほうがいいのですか?