累計38万部超のベストセラー『餃子屋と高級フレンチ』シリーズでおなじみの著者・林 總氏の最新刊『たった10日で決算書がプロ並みに読めるようになる! 会計の教室』が9月29日にダイヤモンド社から発売になりました。本連載では、同書の中から抜粋して決算書を読み解くために必要な基本の知識をお伝えしていきます。登場人物は、林教授と生徒の川村カノンの2人。知識ゼロから始めて、いかにして決算書を読み解くスキルを身につけていくのか? 川村カノンになったつもりで、本連載にお付き合いください。

Photo: Adobe Stock

ROAを引き上げるには?

林教授 ボクがROAは経営者の能力を評価する有効な指標だ、と言った意味はわかったね。

カノン はいよくわかりました。それにしても貸借対照表って奥が深いですね。

林教授 そうだね。では、もう少し深掘りしてみよう。ROAを引き上げるために、君は将来の経営者として何をすべきだろう?

カノン 雑用係の発想ではダメなんですね。じゃあ、父の代行として考えるとしたら……。えっと、こういうことですか。売上高を増やし費用を減らして税引き後当期純利益を増やします。それから分母の総資産も減らす。正解ですか?

カノンの考え
ROA↑=税引き後当期純利益↑(売上高↑-費用↓)÷総資産↓(流動資産↓+固定資産↓)

林教授 そうだね。間違ってはいないが、あまりに単純すぎる。雑用係の発想から抜け切れていない。

カノン ガクッ。