蛇の道は蛇、建前だけでは本質は決して分からないのが不動産。そんな業界に首まで漬かった業界人がネット上に集う全宅ツイ(全国宅地建物取引ツイッタラー協会)。週刊ダイヤモンド12月26日・1月2日合併号「総予測」では、メンバーがコロナで大混乱する不動産市況について恒例の座談会を、今年はオンラインで開催しました。誌面には掲載できなかった暴露ネタ満載の4時間トーク、完全版を6回に分けてお届けします。第1回は実需編です。(聞き手/ダイヤモンド編集部 鈴木洋子)

【座談会参加者(全宅ツイオールスターズ)】
●全宅ツイのグル @emoyino 都心の不動産を中心に扱うブローカー
●どエンド君 @mikumo_hk 専業の不動産投資家(大家さん)。
●かずお君 @kazuo57 日本中の土地を老人ホームにする有活ブローカー
●あくのふどうさん @yellowsheep 渋谷の不動産ブローカー。
●のらえもん @Tokyo_of_Tokyo 東京湾岸エリア専門のマンションブロガー。
●はとようすけ @jounetu2sen 都内不動産営業
●なめ茸@不動産唄人 @c___i___b マンデベモデルルーム勤務
●とっくさん@おふぃす屋さん @tokusenjouhou20 オフィスリーシングとテナント退去を阻止する管理業務に従事
●N的まにあ @n_teki_mania 恐妻家兼不動産ファンド関係者
【全国宅地建物ツイッタラー協会】
ツイッター上で交流し合う不動産業界関係者により結成された団体。不動産業界の面白物件やニュースに登場した不動産などを集めた『クソ物件オブザイヤー』を毎年開催。ツイッターのトレンド入りを果たすほどに注目されている。

1カ月間来店客ゼロの不動産屋と
即売する坪単価420万の湾岸タワマン

――コロナ禍で世界が大変なことになった2020年。実需の住宅販売の状況はどうですか?

はとようすけ(ようすけ):エリアによっては市況死んでます。(※1)反響も10月から著しく減ってて、城北の大手仲介の数店舗で今月来店客数ゼロだって。僕の観測だと買う人の絶対数が著しく減ってる。これから業界で多数離職者が出ると思う。城東もダメ。いい話聞くのは足立区の戸建てくらい。

あくのふどうさん(あくの):そう?私今湾岸で販売仲介してる物件2つあるんだけど内見めちゃくちゃ入る。8000万円台の物件とかもあるけど。

N的まにあ(N的):うん、ようすけさんが見てる市場と、湾岸タワーマンションなどの物件と感覚違いますよね。 

コロナ禍でも人気が高い湾岸タワマン「パークタワー勝どき」のモデルルーム Photo by Noraemon

のらえもん(のら):東京湾岸は新築タワマンは相変わらず売れてるし、その勢いが今年加速したものもあるよ。4年後入居開始の超大型物件のモデルルームは、オープン当初2カ月は予約困難なほどの人気だった。(※2)「パークタワー勝どき」の抽選販売では1億円を超える部屋の倍率が最大27倍に。平均坪単価420万円のマンションですよ!

 中古タワーマンションの引き合いも活発です。湾岸はエリートサラリーマン層が多く、転勤による住替えが去年までも多い地域だった。でもコロナで転勤が減り売り物件が顕著に減っちゃった。その一方で成約数は変わってないので中古在庫が枯渇してる。結果コロナ後の方が物件価格は上昇傾向です。びっくりだよね。