蛇の道は蛇、建前だけでは本質は決して分からないのが不動産。そんな業界に首まで漬かった業界人がネット上に集う全宅ツイ(全国宅地建物取引ツイッタラー協会)。週刊ダイヤモンド12月26日・1月2日合併号「総予測」では、メンバーがコロナで大混乱する不動産市況について恒例の座談会を、今年はオンラインで開催しました。誌面には掲載できなかった暴露ネタ満載の4時間トーク、完全版を6回に分けてお届けします。第4回は個人不動産投資家編です。(聞き手 ダイヤモンド編集部・鈴木洋子)

>>第1回から読む

【座談会参加者(全宅ツイオールスターズ)】
●全宅ツイのグル @emoyino 都心の不動産を中心に扱うブローカー
●どエンド君 @mikumo_hk 専業の不動産投資家(大家さん)。
●かずお君 @kazuo57 日本中の土地を老人ホームにする有活ブローカー
●あくのふどうさん @yellowsheep 渋谷の不動産ブローカー。
●のらえもん @Tokyo_of_Tokyo 東京湾岸エリア専門のマンションブロガー。
●はとようすけ @jounetu2sen 都内不動産営業
●なめ茸@不動産唄人 @c___i___b マンデベモデルルーム勤務
●とっくさん@おふぃす屋さん @tokusenjouhou20 オフィスリーシングとテナント退去を阻止する管理業務に従事
●N的まにあ @n_teki_mania 恐妻家兼不動産ファンド関係者
【全国宅地建物ツイッタラー協会】
ツイッター上で交流し合う不動産業界関係者により結成された団体。不動産業界の面白物件やニュースに登場した不動産などを集めた『クソ物件オブザイヤー』を毎年開催。ツイッターのトレンド入りを果たすほどに注目されている。

――個人不動産投資家周りの状況、2020年はどうでしたか。

どエンド君(どエンド):ちょっと前までは未経験のサラリーマン向けに源泉徴収票1枚持ってくだけで、貯金がなくてもジャンジャン出ていた融資が冷え込んでしまって……。まだ融資はそれなりに出てるんですが、既存取引先や賃貸事業者優先で。無貯金・未経験のサラリーマンでも使えるパッケージローンはきゅっと絞られちゃいましたね。

 そんなわけで個人投資家界隈は15万円のボロ戸建てをとにかくカネかけずに維持管理しようとして除草方法を巡って炎上するか、某先生の投資塾入って新築(※1)RCをおっ建てる2000万円貯金あるエリサーのどちらかに二極化した感じがあります。

全宅ツイのグル(グル):夏までの間はコロナ融資優先みたいなとこもありましたね。カス与信のサラリーマン投資家にローン付けるぐらいなら親方日の丸保証(保証協会)付のほうに貸したいですわな。

スルガ銀行
スルガ銀行 Photo:PIXTA

どエンド:あ、そういえばみんな大好き(※2)スルガ銀行が復活しました。年収700万円から、今度はほんとに自己資金1割からテーブルに載って、金利も2%前後とお得になってます。でも前は3日でノールック承認だったのが、1カ月以上かかるとかでいまいち流行らない。あとスルガで借りてるって人に言いづらいですよね。決算書の借入先にスルガ銀行をのっけると、「ああ、エビ(デンス)いじる方なんだ?」と誤解されそうで。

 今後、融資対象エリアもじわじわ広げていくらしいけど。スルガしか融資つかないとこに(※3)三為で押し込まれて取り残されたエリサーを、ふたたび救うとこまでエンド投資市場が盛り上がるかは未知数です。

かずお君(かずお):スルガ、激闘型キャリアの社長が就任したよね。嵯峨行介さん。コスモスイニシアのADR活用による再生→イデラキャピタルマネジメントの中国資本化→佐川(急便の親会社SGホールディングス)のゴタゴタ処理→そしてスルガへ。火中の栗を拾う専門家。