マンション建て替えは極端に少ない
マンション建て替えは極端に少ない(写真はイメージです) Photo:PIXTA

日本におけるマンションの歴史は60年を超え、いまや全国には665.5万戸分のマンションが存在する。それだけの数がある中で、これまでに建て替えられたマンションはわずか1万9200戸しかない。なぜマンションの建て替えはこうも進まないのだろうか。(株式会社シーアイピー代表取締役・一級建築士 須藤桂一)

築40年超のマンション91.8万戸に対して
建て替え実施済みは1万9200戸だけ!

 前回の記事、『マンションの「本当の寿命」はいつまで? 建て替えは必要か』で、主にコンクリートの耐久性という観点から、「鉄筋コンクリート造の建物は100年以上もつ」「数十年程度で取り壊してしまうのは不経済であり、環境負荷も大きい」として、「マンションの建て替えはできるだけ避けたほうがよい」という私見を書いた。

 しかし、そうは言っても、いつかは建物の寿命がやってくる。そこで今回は、マンションの建て替えを実施するまでの道のりや、建て替えにあたっての課題について考えてみたい。

 国土交通省によれば、分譲マンションのストック戸数は、令和元年末時点で約665.5万戸。そのうち、築40年超のマンションは91.8万戸にのぼる。10年後には約2.3倍の213.5万戸、20年後には約4.2倍の384.5万戸になる見込みだ。