イノベーション的発想を磨く
業界の常識にとらわれない発想で成功した、新興腕時計メーカーの戦略とは? 写真:新潮社提供

視野を広げるきっかけとなる書籍をビジネスパーソン向けに厳選し、ダイジェストにして配信する「SERENDIP(セレンディップ)」。この連載では、経営層・管理層の新たな発想のきっかけになる書籍を、SERENDIP編集部のチーフ・エディターである吉川清史が豊富な読書量と取材経験などからレビューします。

業界の常識にとらわれない発想で成功した
吉祥寺発の腕時計ブランド「Knot」

 唐突だが、読者の皆さんは、ふだん腕時計を着けているだろうか。また、「着けている」という方の中に、「ベルト」にこだわっている方は、どれくらいいらっしゃるだろうか。

 腕時計は、もちろん時間を見るためのものだが、ファッションアイテムの一つとして身に着ける人も多いだろう。また、かつてバブル期の日本で「ロレックス」のブームがあったように、社会的ステータスや金持ちであることを誇示するのに、高級時計を着ける人もいる。その点ではジュエリーと似た位置付けなのだろう。

 カジュアルな腕時計としては、1990年代を中心に「G-SHOCK」旋風が吹き荒れたのを覚えている人も多いはずだ。さらに、ほぼ同時期に「スウォッチ」も大流行した。

 2015年にアップルが初代のApple Watchを発売する前後からは、スマートウォッチを使用する人も増えているようだ。かく言う私もApple Watchを愛用している。

 Apple Watchの登場で新鮮だったのは、ベルト(バンド)を付け替えられることだ。別売のベルトには、ウレタン製のスポーツバンドやレザー、布製など、さまざまな純正品や他ブランドのものが売られている。初代発売時には本体と合わせて200万円を超えるものもあった。

 それ以前の腕時計は、ロレックスなどの高級時計でも、G-SHOCKやスウォッチにしても、時計本体とベルトは一体のものとしてデザインされ、売られていた。どちらかというとベルトは添え物であり、そこにこだわって時計を選ぶ人はほとんどいなかったに違いない。

 その意味でApple Watchの「ベルト付け替え」は、私にとって新鮮だったわけだが、実は、Apple Watch発表より少し前に、その発想により成功した新興腕時計メーカーがある。2014年に東京・吉祥寺で創業した「Knot(ノット)」である。

 Knotは、ネットや実店舗で若者を中心に絶大な支持を集め、現在は国内11、海外5店舗のギャラリーショップ、国内3店舗のコンセプトショップを展開するに至っている。