文大統領
国会で施政方針演説する韓国・文大統領 Photo:YONHAP NEWS/AFLO

反日のスタンスが変わり始めた
韓国・文在寅大統領

 韓国の文(ムン・ジェイン)大統領のわが国に対する姿勢が変わりつつある。

 2020年1月18日、韓国の文在寅大統領は「元慰安婦問題」に関して、2015年12月の日韓外相会談後の見解、いわゆる「日韓合意」は、両国の公式の合意であると述べた。また、文統領は、元徴用工への賠償のために、日本企業の資産を売却して現金化することは望ましくないと明言した。同氏がそうした見解を公式に示すのは初めてだ。

 大統領就任以降、文統領は反日的な姿勢を鮮明に示してきた。「元慰安婦問題」や「元徴用工問題」に関して文統領は、司法判断を尊重し、過去の日韓の合意では問題を解決できないとの主張を繰り返した。

 なぜ、同氏の反日のスタンスが変わり始めたのだろうか?