「俺流」仕事人がコロナ禍の転職先で大問題を起こしかねないワケ
コロナ禍の転職では、入社後に大きな課題があるようです Photo:PIXTA

リモートワークの一般化で
「転職後」に大きな課題

 コロナ禍でリモートワークが一気に普及した結果、企業の課題として浮上してきたテーマに新人教育があります。最近は採用した人材の定着、戦力化を「オンボーディング」といいますが、オフィスに出社しなくなるとこれが非常にやりづらくなるのです。

 従来はみんなと同じオフィスで仕事をする中でやり方を直接教えてもらったり、先輩の動きをまねたり、周囲の様子をうかがったりしながら仕事を覚えていったわけですが、在宅ワークになるとそれができなくなります。

 新卒だけでなく中途採用や即戦力採用であっても、その会社ごとにローカルルールがありますし、暗黙知として受け継がれているノウハウや方法論もあります。しかも今や多くの業務は複雑化し、単独で完結する仕事はあまりありません。

 人材紹介の仕事を例にとると、基本的には転職候補者に会い、求人を出す企業を開拓することが仕事なので比較的、独立した部分が多いのですが、それでも一人で完結できる割合は個人の業績の半分くらいでしょう。