◎大好評! シリーズ10万部突破!!
ふつうの会社員でも10年あれば、気づいたときには1億円!
小型株は伸びしろが大きいわりに、目をつけている投資家が少ない。
それだけに、株価が何倍にも伸びる可能性をふんだんに秘めている。
大学時代に投資を始めた著者は、6~7年後に資産1億円を達成。
いまでは1銘柄だけでも億単位のリターンを得ている。
10万円から株式投資をスタートしたとしても、
収入から生活費を除いた分を追加して投資額を増やしていけば、
1年で資産100万~200万円は十分狙える。
すると銘柄の選択肢が広がり、資産を急角度で増やせる可能性がアップ。
資産1000万円くらいで壁にぶつかりがちだが、
この壁を突破すれば10万円を100万円、
100万円を1000万円に増やした感覚で“億り人”に近づける。
ベストセラー『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の刊行から1年。
『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 実践バイブルとして、
小型株集中投資のテクニックを全公開!

お金 時間
Photo: Adobe Stock

お金と時間
どっちが大事?

「Time is money」(時は金なり)という、誰もが知っている言葉がありますね。

時間はお金と同じように貴重なので有意義に使いましょうといった意味ですが、さて、あなたにとって「時間」と「お金」、どちらのほうが大事でしょうか?

結構難しい質問かもしれませんが、この機会にぜひ考えてみましょう。

もちろん正解はありませんから、人それぞれ、さまざまな答えが出ていいと思います。

「両方大事」という人も多いでしょう。

「仕事と私どっちが大事なの?」という質問と同様に、「そりゃ両方大事だよ!」と思うのが本音ではないでしょうか。

「時間」と「お金」のどちらが大事かは、その人が置かれた状況によっても変わります。

お金を持て余している人は「時間のほうが大事だ」と答え、お金がなく時間を持て余している人は「お金のほうが大事だ」と答える傾向があります。

しかし、ちょっと考えてみましょう。

「Time is money」と言いますが、そもそも本当にそうなのでしょうか?

「時間」と「お金」は、その性質がまったく異なります。

そこで、まずは「時間」について考えてみましょう。