米ファイザーの新型コロナ用ワクチン
米ファイザーの新型コロナ用ワクチン Photo: Pool/gettyimages

世界で続々と行われるワクチン接種。日本でも医療従事者を対象に2月下旬にも始まるといわれているが、居住国によっては外国人への接種を認めている国もある。筆者が住むイスラエルもその国の1つだ。以前の記事で、ワクチンが余ってしまう問題について触れたが、今回はワクチン接種を済ませた日本人に直接取材をして、その状況や感想などを聞いた。(イスラエル国立ヘブライ大学大学院・総合商社休職中社員 徳永勇樹)

進むイスラエルの
ワクチン接種

 本稿執筆時点でイスラエルでは300万人以上がワクチン接種を完了しているが、これは同国の人口929万人の約3分の1に相当する。16〜18歳と、35歳以上と対象年齢が拡大されたこともあり、筆者の周りでも、「もうワクチン打ってきたよ」という声をよく聞くようになった(残念ながら、接種が可能な保険に加入していない筆者は当分接種の見込みはない)。

 ワクチンの有効性について楽観的な声も上がる。現地報道によれば、2回目の接種を完了した人がコロナ陽性になる割合(発病率)は0.01%という。実際にこれほどの効果があるかは不明だが、米ファイザー(独ビオンテックと共同開発)と米モデルナが相次いで発表した第III相臨床試験(治験)の結果では、いずれも90%を超える有効性が示されており、コロナ用ワクチンへの期待は高い。