ワクチンが普及すれば新型コロナは本当に終息するか
ワクチンが普及すれば新型コロナは本当に終息するか(写真はイメージです) Photo:123RF

新型コロナウイルスが相変わらず世界的に猛威をふるっている。そんな中、期待が大きいのがワクチンだ。いよいよ一部の国では接種が始まったが、ワクチンが実用化し、普及すれば、新型コロナは本当に終息するのだろうか。現時点での懸念や課題などを解説する。(ナビタスクリニック理事長、医師 久住英二)

新型コロナに翻弄された2020年
人類の期待はワクチン

 2020年は新型コロナに始まり、新型コロナに終わりそうだ。しかし、年が明けてもまだ新型コロナとの闘いは続くだろう。12月の時点で世界の感染者数は8000万人を超え、死亡者数も200万人に迫ろうという勢いだ。矢継ぎ早に導入された治療薬も、「特効薬」と呼べるものはない。

 そんな中、人類の期待を一身に背負っているのが、ワクチンだ。

 通常、数年はかかる開発期間を1年足らずに短縮し、20年11月には米ファイザー(独ビオンテックと共同開発)と米モデルナが相次いで第III相臨床試験(治験)の結果を発表。ファイザーのワクチンは95%(最終分析)、モデルナも94.5%(中間解析)の有効性が示され、世界が期待に沸いた。